自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 08日

やはり

a0098129_2215820.gif




















昨日アップしようかと思ったサッカーの記事なんですが、せっかく書いたんだから、載せないと自分がかわいそうだと思いましたので、やはり載せますw

CLは制しても国内リーグでいまいちだったレッズですが、今年はもしかするともしかするかもしれません。まだ時期尚早もいいとこですが。

ベニテスを招聘してから、地道にチームづくりをやってきて、フィナンとかペナンを獲得してチーム力を上げてきましたが、今年の補強は特筆もの。

何しろアトレチコマドリーからフェルナンド・トーレス。レバークーゼンからウクライナ人のボロニン、そしてPSVかはバベル、そしてウェストハムからはイスラエルのファンタジスタ、ベナユンを獲得しましたからね。

もちろん目玉は生涯アトレチコか?なんて言われてたトーレスを獲ったことです。ベニテスがいたからこそ出来たことでしょうね。

しかし注目したいのはベナユンです。プレースタイルが中村俊輔にけっこう似ているイスラエル人は実に才能豊かです。

しかしリバプールの攻撃で大事なのは実はカイトじゃないかと思っています。トルシエジャパンにおける森島のような存在です。トルシエジャパンで攻撃がうまくいっているときは必ず彼がいました。いなくなると何かがうまくいかないんですね。実は心臓部を担っていたのは彼ではないかと。カイトも豊富な運動量と献身的で賢い動き、さらにはテクニックと得点に対する貪欲さ、とあらゆる要素をもちあわせています。実に良い選手だと思います。昨年と今年に獲った選手は実に良い選手ばかりでないかと思います。

先週末の試合は昇格組のダービー相手に6-0。アロンゾ2得点に新戦力の3人が、トーレス2得点、ボロニンとバベルが1得点ずつという圧勝でした。

凄いです。これにクラウチ、ジェラードもいますからね。

ただ国内リーグで長丁場を戦うには守備力が絶対的に必要ですよね。
攻撃自体は昨年もかなりの破壊力がありましたが、優勝戦線からは早々と脱落しました。
エインセも獲れなかったし。。。マンUから獲ろうというのがどだい無理な話なんですけども。

それでも、CLだけでなく国内リーグでも優勝争いに加われるのか?いや、とにかくかき回して欲しい。そう思います。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-09-08 22:16 | 蹴球


<< 失われたサドルを求めて      リバプール・スニーカー >>