自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 27日

ロードバイクという名の乗り物

ロードバイクをまったりと乗る、みたいな感じで自転車に
乗っているのですが、やはりロードはロード。まったりと
走ることを許してくれないところがあります。

ロードに乗るとついスピードを出したくなる、とかそういう
ことではなくて、やはりロードは速く走るほうが楽、という
か、ある程度の勢いで乗らないと逆にしんどい、というところ
があります。

まったりと乗ると、どうしてもハンドル側に体重がのっかり
がちになり、そうなると肩がこるんですよねー。

わりかしアクティブに、つまりロードらしく乗っていると姿勢も
固定されないし、体重がハンドル(そしてサドル)にかかりにく
くなるので、肩がこったりということもないわけです。

そんなこともあって、自転車を買ったちょうど4年前には、
STIをある程度使ったらダブルレバーに変更しようかなーと
思っていたのだけど、結論としてSTIのままでいこうと思います。

なんとなく、ロードよりも、もう少しまったりした姿勢で
乗る、例えばランドナーみたいな自転車であれば、ダブル
レバーも良いのかもしれないけど。

あと、他にロードを持ってないし、買う予定もない自分と
しては、STIを移植しないとなると勿体ないってのもあるし。

なんだかんだいってるけど、それが一番の理由??

いやいやいや、ロードバイクにはシマノSTIがふさわしいって
ことが、本当にマジでメインですよ。

そ、それこそが本当の理由でありますよ!

しかし、STIもホント、なかなかいいもんすねー。

何が?

いや、動きが。機能が。

ロードにはSTI。

今日からはこれをモットーに乗りたいと思います!

a0098129_21311071.jpg



















とは言いつつも、それでも乗るとなると、こういう中をまったりと、
ということになるんでしょうな~、やっぱり。
[PR]

by goofy-ride04 | 2011-04-27 21:33 | 自転車
2011年 04月 24日

てぬぐい

ワタクシの場合、花粉症ではないのですが、なんらかの物質に
対するアレルギーがあります。

おそらくダストアレルギーというある種の物質に対して反応している
のでないかと思うのですが、そういうわけで季節を問わず、何かの
拍子にアレルゲンとなるものを吸い込んだときにアレルギー反応が
出てくるわけなんです。

症状というか、反応は花粉症と同じようなかんじです。
くしゃみが出て、鼻とか目のあたりがムズムズというかんじ。

くしゃみをおさえるものとして、だいたいいつも
こういう手ぬぐいを持ち歩いております。

a0098129_21163177.jpg




















だいたいは「かまわぬ」というお店のものを買っています。
もう10年ぐらいはずっと手ぬぐいです。

柄はオールドファッションなものが結局飽きがこず、ベスト
チョイスのようです。

色落ちが激しいので、ほかのものと一緒に洗えず、すべて単独で
手洗いです。面倒なんですけど、乾くのも早いですし、そこまで
手間でもありません。せっけんもつけずに水だけで洗います。

洗うとどんどんと柔らかくなっていき肌触りが
良くなります。吸収性も高いし、非常に使いやすい。

あまり使っている人を見かけませんが(というか、まったく
見かけてないかも)自分としては手放せないモノです。

こんな素晴らしいもの、これからは手ぬぐいが来るぞ、と
思い続けて、早十年。

もう、来そうもありません・・・。

アレルギーに限らず、少しずつ暑くなってくる、これからの季節には
さらにお役立ち度アップですな。
[PR]

by goofy-ride04 | 2011-04-24 21:17 | 品々
2011年 04月 14日

飲んだり食ったりしようではないか。どうせ明日は死ぬのだから。

聖書の一節ですが、震災直後はそうとうブルーな感じで、上記のような
気分も多少ありました。

聞くところによると太平洋戦争末期の大本営でも昼間から酒を飲んでいる
連中がけっこういたそうです。「もうどうしようもないよ」ということで、
飲まないとやってられない、まさに「どうせ明日は」的心境だったのでしょう。

僕も震災直後はかなりブルーでした。

しかし、最近は余震にも慣れたのと、開き直りの気分で、来るなら来いや、
というか、来て欲しくはないけど、それはもう自然で起こることですから
どうしようもない、という気分で、わりと余裕をかましています。

友人でかなりネガティブな未来を予想している人がいまして、もう日本は
終わるかもしれない、なんて言ってましたが、そう簡単に終わるかよ、と
言っておきました。

ご先祖様が生き抜いてきたものを、我々が生き抜けないという道理が
ござらん。

見てごらんなさい。桜が咲いている。

先週の千鳥が淵の様子であります。

a0098129_22481097.jpg



















この桜は未来永劫にわたって咲き続けるに違いありません。

まあ、それはどうかわからんが、余計な心配をしている暇があったら
桜でも楽しむほうが良くはないかい?
[PR]

by goofy-ride04 | 2011-04-14 22:49 | 其の他
2011年 04月 04日

真の同盟国とトイレットペーパー

今回の震災で、いわゆる非常事態というか、これまでにない平時ではない
状態になったことで、はっきりしたことというのもけっこうあります。

支援はしてくれるけど領空侵犯なども含めて駆け引きの気配が濃厚なロシア。
中国の動きは支援でもなく、この出来事をどう利用するか、そこから何を学ぶか、
というところに力点がおかれすぎてる、などという状況の中、アメリカは実に淡々と
出来ることをやってくれている、という印象です。

もちろん背景には善意だけではなく計算もあるだろうけど、でも実際の行動が
非常に大切なんだってことは誰だってわかる。

まあ、まるで詳しくないんであくまでざっとした印象ですけど、
こういうときに真の同盟国に足る存在とは、ということがわかりますよね。

そうでなくとも、中国やロシアと盟友になろうという発想はどのみちわが国には
なかったと思うけど(笑)

自分が窮地におちいった時に本当の友人が誰かがわかる、というがまさにその
通りです。

便利な生活が失われてはじめてありがたみもわかるし、平時には見えていなかった
ことがわかります。例えば電気。これに頼り切った生活をしていたんだなぁ、と
そんなことはわかってはいたけど、十分に認識していたとは言いがたいわけで、
いきなり電気なくなったら、もう何もできない。実際、僕のとこは停電していない
けど、夏とかになったらどうなるかわからないしね。

普段けっこうかっこいいこと言ってる人が目の色変えて買いだめに走るとか、
実にありえそうだ。

まあ、自戒をこめて、というところももちろんありますが。

しかし、ようやくトイレットペーパーが入手できるようになって良かった。

起きるかどうかもわからない地震のために買占めする人間のせいで、僕が明日
おしりを拭けない。こんなバカなことがあって良いのか!

とりあえず、おしりが拭けそうで、安心致しました。

そんなこんなな状況でも、当たり前だけど春がやってきつつあったり。

a0098129_1945317.jpg



















ケツがふけようがふけまいが、春はやって来るんですね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2011-04-04 19:45 | 其の他