自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

阿波おどり

これは先週の土曜日と日曜日(28-29日)に行われた高円寺阿波おどりの様子です。

a0098129_20333795.jpg























ほぼ自宅前といって良いほど近所でやっているこのお祭り。さすがにもう何度目
かわからないぐらいなので新鮮味がない、というのが正直なところです。

都下では有数のお祭りで、かなり多くの人が集まります。小さな街ではないが、
めちゃくちゃ大きくもない高円寺の街が人でいっぱいになります。

しかし、阿波おどりといえば、やはり本家は徳島。親父が徳島出身なので
何度か行ったことがあります。高円寺のも素晴らしいですが、あちらと比べると
スケールが違う気がします。

幼い頃、はじめて徳島に行ったときは衝撃でした。私が育ったのは関西のとある
「ニュータウン」。今では全然「ニュー」ではありませんが。山を切り開いて
造られた住宅地で、主に大阪へ通勤する人々が住むベッドタウンです。

それ以外のところを見たことがなかった幼い子供が、徳島に行って衝撃を受けました。

親父の実家は徳島市の中心部の本当に街中にあり、自分の知っているニュータウン
とは似ても似つかず、実家もビルだし、そこいらにソープのネオンサインとか、子供心
にもこれはちょっとアレなのかな、みたいな店もちらほらあったりして、もうとにかくすべて
が驚きの連続で、実家とのあまりの違いにとにかく興奮していました。方言が凄いので
相手の言っていることがかなりわからなかったし、、、

そういうシチュエーションで、さらに街をあげての大規模な夏祭りがはじまる
ものですから、不思議の国に迷い込んだアリスみたいなモンです。

完全なカルチャーショックですね。

あまりにも印象が強烈だったので、子供時代のある種の原風景の一部に
なっています。

実家に帰ると、なんでこんなとこに住んでるんだ?みたいに、本当に
つまらなく思えたものです。

もしかすると、今回の高円寺の阿波おどりに来た子供の中でも、同じような
体験をした子供がいたかもしれないなぁ。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-31 20:34 | 其の他
2010年 08月 28日

極東酷暑日記

「暑さ寒さも彼岸まで」のフレーズを裏切るかのような
果てしのない酷暑。続いておりますなぁ。

冬将軍というのはよく聞きますが、今年は夏将軍が登場したかんじですね。
夏将軍。イメージがわかないと思いますが、戦国武将のようなかぶとをかぶって
いるのですが、首から下は海パン一丁で、意外としまらない体つきをしています。

そんな暑すぎる大きなお世話サマーですが、けっこう自転車に乗っています。

基本昼間は避けて夕方・夜に走ってますが、先日昼間に35キロ乗ったらめちゃ
疲れました。晩はプールに入ったあとの気だるい疲労感に近いものを珍しく感じました。
あれはなかなか心地よいものですが、実際に走ったときはかなりつらかったです。

そのとき代官山を経由したんですが、そんな都会の真ん中にこんなひまわり畑が。

a0098129_1330185.jpg




















畑の前はこんな野外カフェ?のようなものが。(奥にひまわり畑があります。)

a0098129_13305198.jpg




















しかし、写真を撮り忘れたのですが、上のカフェの写真にも写っているヘンな工事用
フェンスでひまわり畑が囲われており、見た目がかなりいただけなかったです。
せっかくのひまわり畑が台無しでした・・・。実に惜しい。

a0098129_13303290.jpg
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-28 13:35 | 自転車
2010年 08月 25日

「銀河鉄道999」に30年の時を超えて感動した話<後編>

『全駅停車!「銀河鉄道999」ぜんぶみせます』というNHKの番組についての
エントリもついに(ようやく?)最終回です。

この番組の中ではテレビ版のほかに劇場版も最後に放映されました。

テレビはいくつかのエピソードのみしか放送されていないので、
劇場版で判明したことがいくつかありました。ただ、テレビ版と劇場版が
同じなのかはよくわかりません。多少違うんじゃないかと思います。
あるいはテレビ版では明かしていない部分に触れている、とか。

劇場版はテレビ版が終わる前に放映されているらしく、すでにラストが
劇場版でわかってしまっている、みたいなところです。もしかすると
その時点で漫画の連載が終わっていて何れにしてもラストは決まっていたの
かもしれませんけど。

この最終回がキましたねー。ズバリ、テレビ版のほうがずっと好きです。

劇場版は、映画全体はかなり整理されて、なおかつ練りこまれて作られて
いる分、ストーリーのこなれ具合は素晴らしかったのですが、ラストは
もう断然テレビ版。あと、鉄郎の年齢設定がテレビだと10歳なのに映画は
15歳。なぜに?な設定変更なんですが、これもテレビのほうが良いと思いました。

15歳だと思春期ですから、どっちかっていうともう「男」ですよね。
10歳だと少年ですから、メーテルも母であり女性である、という複雑な
視点ですが、15歳じゃあはっきりしてしまう。10歳で銃持って戦うのって
おかしくない?みたいなリアリティはこの際いらないんじゃないかな。

劇場版では明確な意図をもっての設定変更だったとは思いますが、僕はテレビ派
です。

女性は知らないけれど、男の10歳ってのは「輝ける少年時代」じゃないかと思います。

村上龍が言ってたんですが、男は7-8歳ぐらいまでは母親に支配されて、13-4歳
以降は女に支配される。その間のわずか数年ってのは輝ける時代だ、みたいな
ことを言っていましたが、まさにその通りじゃないかと思います。

自分の小学校時代の10歳ごろなんて、昼休みとかにハンドベースという遊びを
やるのがおそろしく楽しくて、それ以外のことはすべて消失していました。
ハンドベースのために人生や生活や世界が存在していた。そんな時代だった
ような気がしています。朝起きたら、ハンドベースまであと何時間、みたいな。

そして、そんな時代にこの歌がもうBGMのようにあちこちで流れていました。

劇場版の素晴らしいのはこのエンディングテーマですね。
ラストシーンで汽車が空に向って上っていく…そこへこのテーマが!



テレビ版のラストでこの曲流れたら、最強コンボだったろうなー。

テレビ版のラストで、一緒の列車に乗るはずだったメーテルが同じホームの別の
列車に乗っている。そして、発車のベルが鳴り、列車が走り出す。
鉄郎は驚き、そして悲しみ、涙を流す。けれど、しばらくして、鉄郎はメーテルに
笑顔で手を振るんですね。「さよなら~」。

これが鉄郎の成長の証であり、強さの証であり、彼がまさにヒーローであることを
証明するものじゃないでしょうか。ここにもう本当に感動しました。悲しみと愛情と
友情と切なさと勇気と…あらゆるものがこのシーンで表現されていたのではないでしょうか。

それまでの112話を全部見て、この最終話を見たら相当ヤバイでしょうね。

前回のエントリでメーテルというキャラクターの魅力について書きましたが、
この「銀河鉄道999」では、鉄郎というキャラクターこそが素晴らしいのだという
ことに見ているうちに気づきました。

彼の持っている、優しさ、強さ、正義感、ユーモアというものが、じょじょに
伝わってきて、彼の魅力にハマってしまった感があります。おそるべし松本零士。



30年遅れでの傑作との出会いでしたが、宇宙を流れる時間からすれば取るに足りない
遅れじゃあないですか(と、よくわからんまとめ方で終わらせて頂きます。)

また、この広い宇宙のどこかで会いましょう!

「さらば鉄郎、さらばメーテル、さらば銀河鉄道999、さらば少年の日よ」

ぼぉ~~~(汽笛の音)
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-25 21:22 | 映画
2010年 08月 22日

「銀河鉄道999」に30年の時を超えて感動した話<中編>

そういうわけでNHKBSでやっていた「銀河鉄道999イッキ見せ」な番組を見たんですが、
なかなかこのアニメで特殊なのがメインのキャラクターが3人しかいないということ。

a0098129_2144129.jpg















これだけ長い話(全113話)で、レギュラー3人だけというのは異例のことじゃないでしょうか。

異例といえば、ロードムービー(映画に限らず)はたくさんあるけど、そもそも列車で
移動するタイプの作品は古今東西、アニメ・映画・マンガ・テレビドラマなどの媒体を問わず
これぐらいじゃないでしょうか。もちろん映画で「オリエント急行殺人事件」なんてのは列車内
だけで完結したような気がしましたけど、厳密には「ロードムービー」ではないですし(密室劇
ですかね)。

車やらバイクやらいろいろなもので移動するとドラマが起きやすいけど、列車はどうしても
線路、時刻にしばられてしまいますからねー。そういう意味で画期的かと思います。

銀河鉄道999の場合は時刻には縛られますが、線路には縛られてませんけどね。
(ただ航路のようなものはあるようだ。)

ちなみに時刻はいい感じにストーリーの「かせ」になっています。

いろいろな星に停車してその間降りて滞在するのですが、発車時刻に遅れるともうアウトです。
あと無期限のパス(乗車券)をなくすとこれまたアウト。旅は終了となり、もう二度とその星から
出られなくなる可能性大です。これら二つの要素が「かせ」となり、ピンチが多発します。一番
多いパターンはパスを奪われ、発車時刻が迫ってくる、という状況ですね。

パスは列車内においといて、駅付近で行動すればいいんじゃね?なんて、子供の頃に見てたら
そんなつまんないこと考えなかっただろうなー。

パスを奪われた場合でも、パスを奪ったヤツは絶対列車に乗り込んでくるので駅で張ってれば
絶対現れるワケなんですが、あくまで駅で犯人を見つけるのは偶然である、というスタンスです。
「あっ!お前!」みたいな感じで。

しかし、何がいいってやはりメーテル。こんなにイイ女だとは・・・。まあ「美女」イメージは
凄くあったけど、とにかく魅力的。セクシーとか美人とか、そういう言葉では表現できず
「魅力的」というしかない、唯一無二のキャラクターなんだなと、なんとなくそういうイメージは
あったけれど、本当の意味で理解しました。そして、声優の池田昌子さんの力によるところも
大きいですね。

テレビシリーズの初回から、シャワーシーンあり、水着あり、黒いコートを脱いだら黒いブラと
パンティー!という、期待通りのお姿。わりかし脱いだり脱がされたり?のシーンがあり、
クリエーターとして実に好ましい姿勢
なのではないかと思います。機械人間なのか生身の人間なのかを判別するためにレントゲンに
かけられる羞恥プレイ?的シーンもあり、そちらも見所です?

あと謎の車掌さんなんですが、あのルックスからほとんどしゃべらないキャラなのかと思って
いたのですが、普通にしゃべるし、むしろ三枚目というか、陽気なキャラクターだったんだという
ことを知りました。鉄郎が「なんか車掌さん、あわててたみたいだったな。でも、あの人、顔がよく
わかんないんだけど」って言ってたのは笑いました。よくわかんない、というか「ない」というかね。
しかも「顔」という大事なとこを「よくわかんない」っていう曖昧な認識にしとくなよ!みたいなね。

しかし、僕は本当に放映時に子供時代を過ごしていたんでしょうか?それも疑問になってきました。

そんなわけで、物語は怒涛の最終回へ!
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-22 21:45 | 映画
2010年 08月 19日

「銀河鉄道999」に30年の時を超えて感動した話<前編>

先日、NHKのBSで『全駅停車!「銀河鉄道999」ぜんぶみせます』という番組をやって
いたので、録画して見ました。

a0098129_2248114.jpg




















8月9日(月)から8月13日(金)まで毎日4時間ずつ計20時間で、113話におよぶテレビ
エピソードと、劇場版映画、そしてその他特集をまとめるという構成で、テレビエピソードは
30話がフルサイズ、残りは予告編やダイジェストでの紹介でした。

あと松本零士氏のインタビューやテレビ版のオープニング、エンディングテーマを
歌う「ささきいさお」氏や映画版テーマ曲の「タケカワユキヒデ」氏なども登場、
さらには声優陣も登場、という、なかなかに豪華かつ総括的番組であります。

実は「銀河鉄道999」のことはあまりよく知りません。列車で旅する、とか「鉄郎」
「メーテル」というキャラクターのこととか、そういうことは知っていますが、
詳細を全く知りませんでした。そもそも、名前なんか「哲郎」だとなんとなく思って
ましたし・・・。

なので、この機会に、と思いまして。NHKさん、なかなかに便利な番組をありがとう。

この手の「イッキ見せ」って気づいたときには初日が終わっていたりして、なんかいろ
んなのをやっているような気がするんですが、いつも逃してしまうんですよね。今回は
たまたま気づきました。

感想としては「こんな話だったんだ」という感じで、ようやく理解しました。
というか、かなり感動しました。

聞けばテレビ放送開始が1978年で、翌年「機動戦士ガンダム」のテレビシリーズが
放送開始だとか。凄い時期だな。

濃度の高いときって、どういうわけか高いですよね。例えば、優れた人物が出るときは次々と出てくる。
幕末とか戦国時代とか。あるいは「北の国から」の裏で「ふぞろいの林檎たち」をやっていた、みたいな。

奇しくも番組内のインタビューでも原作者の松本零士さんが語っていましたが、自分たちは漫画家の第二世代だと。
第一世代は手塚治虫で、1.5世代が横山光輝、それに続く世代に属していて、それがまた凄い面子。

石森(石ノ森)章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄、ちばてつや、そして松本零士。

これこそ、まさに「トキワ荘」ジェネレーション!才能が「群雲のごとく」湧き出た時代なんですねー。
しかも石ノ森氏と松本氏は生年月日が全く同じ!(ちなみにサッカー日本代表の本田圭祐がガンバ
ジュニアユースからひとつ上のユースカテゴリに上がれなかったのは「天才」家長昭博(現セレッソ
大阪)に負けたからで、彼らも全く同じ生年月日。ライバルだがとても仲が良い。家長の覚醒が待たれる。)

内容については、長くなりそうなんで次回の停車駅で・・・(と、すでに相当の影響を受けている。)
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-19 22:49 | 映画
2010年 08月 15日

オルセー美術館展に行かなかったというエントリ

16日閉幕なんでいちおう行こうかなー、なんて先週ぐらいに思ったんですが、
めちゃくちゃ混んでるみたいなんでやめときました。

連日長蛇の列らしいです。

何しろオルセー美術館の著名有名な作品が多数含まれる展示会らしい
んですね。その理由は本家のオルセー美術館が改装中だから。

a0098129_1353988.jpg


































もとは鉄道の駅だった建物らしいんですが、そこを改装してるんで
その隙に借り出したわけですねー。グッジョブ!

4年前にパリに行ったときにそばを通ったのですが、時間がなくて
パスしました。ルーブルだけで精一杯。

そんでもって、オルセーだ!なんてありがたがってますけど、実際は
絵のことはさっぱりわかりません。

他のジャンルの文化的なものはわりかしわかるほうだと思うんですが、
絵はまったくわからない。

映画、音楽、小説、写真、などなど、それなりに感じるものはあるんですが
絵は全然ワカラン。けっこう有名な作品をいろいろ見ているんですがねー。
特に中世とか印象派の時代の絵はとにかく退屈。もっと最近のやつのほうが
まだ多少マシです。

なので「オルセー」ブランドと、有名なゴッホの絵とかを「はぁー、これですかい」と
見て「名画をこの目で見た」という記録を残したい。そして、ああ俺はなんて文化的な
人間なんだ、という満足感にひたりたい。

それだけってことになりますね。

そのためだけに、これだけ暑い中で長蛇の列とやらに並ぶ気にはとてもなれない。
ましてや、当初は自転車でちょっくら、などと考えていたりした。正気の沙汰ではないぞ、君!

展覧会に入るころには干からびた蛇となっておるだろうて。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-15 13:48 | 其の他
2010年 08月 14日

ビックマック200円!

いやー、これは嬉しいね!

ビックマックが期間限定で一個200円で販売されるそうです。


a0098129_14252036.jpg










一気に3個ぐらい食ってしまいそうだ。

ワタクシ、実はけっこう大食いの部類に入ります。
実は、の意味がわかりませんけどね。

なのでたぶん3個ぐらいは軽いのですが、さすがに味に飽きそう
ですから、2個ぐらいで十分でしょう。

一気に大食いするタイプではなくコンスタントによく食う
タイプでして、今はだいぶマシですが若い頃はかなり食ってました。

若い頃は、朝昼晩と普通の弁当を各2個ずつぐらいでも軽く食べるかんじで、
とにかく基本の食う量が多いわけです。

健康的で良いのではないかという意見もありますが、実際のところ微妙です。

・食費がかさみエンゲル係数が高い。
・食べると当然消化にエネルギーが必要になりそのぶん一般的にはより多くの睡眠が必要。
・排泄量が多い。食べれば出る。これが天の理(ことわり)。

実に残念です。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-14 14:21 |
2010年 08月 10日

Tokyo Bell

わが愛車のDahon OEM号が我が家に来て、今年の秋で丸5年になります。

相変わらずよく走るし、考えてみれば一度もパンクしていない。
(こう書くとパンクしそうでいやなのだけど)

走行距離はサイコンをつけていないので不明だが、けっこう走っている。

長距離はあまり走らないが、短距離で相当乗っているので、数千キロは
いっているのでないかと思われます。

2万円しない自転車では素晴らしいパフォーマンスではないでしょうか。

そんなけなげなあいつに、このベルをつけてやったぜ。

a0098129_2147534.jpg



















東京ベル(470円)。回すことでチリンチリンと鳴る。

チーン!と打つタイプのものよりも、小さな音で知らせることが
できるので、こちらのタイプのほうが好きです。

実際にはそんなに使う必要もないといえばないが、安全のためには
積極的に自らの存在を知らせておいたほうが良い気がします。

でも、年配の方で己の存在をアピールしすぎて、そこのけそこのけ的に
鳴らしまくっている人がいますが、それはちょっとどうかと思います。

しかしながら、そんな「そこのけ」的走法の場合でも、この東京ベルは
音色がなかなか優しく素敵ですから歩行者が不快に思う程度も減らせます。

また、今のような季節には風鈴のような心地よい響きで道行く人々もしばし
暑さを忘れるでしょう・・・。

たまに嬉しがって用もないのに鳴らしております。(人のいないとこでね。)
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-10 21:47 | 自転車
2010年 08月 06日

失敗作

先日、赤ピーマンとパプリカは別であるということを発見いたしました。

ラタトウィユというものを作ろうと思って、ローリエという生まれてはじめてな
ものを購入しました。

さらに「赤ピーマン」も必要ということで探したのですが、うちの近所では
「赤ピーマン」などという特殊かつおしゃれなものは入手不可だという
悲しい事実が判明しました。

パプリカで代用可能なようなので、とりあえずそちらを使うことにしました。

しかし、出来上がってみると、どうも味がイマイチ。なんというか野菜っぽさが
残っていて、青臭いというかなんというか。

調理方法自体がおそろしくシンプル(炒めて煮るだけ)なので何が問題なのかわかりません。

分量もある程度大まかではありますが、致命的にアンバランスということもないはずです。

結局、原因が不明のまま、これではおかずにならんと、カレールゥをぶち込み野菜カレーに
するという苦肉の策に出ました。

a0098129_1502144.jpg















おかずとしては成り立ちましたけど、失敗作に何をしてもしょせんは失敗作。

もう一回トライしたとしても原因がわかっていない以上、おそらく同じことが繰り返されるでしょう。

しかし味もイマイチだが、写真がヘタなので見た目もおいしいようには見えない・・・。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-06 23:05 | 其の他