<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

ねこ

こにゃにゃちわ。

友人が野良猫の保護を趣味?もといボランティアでやっています。
捨てられていた猫を保護して、ある程度まで育てて里親を探す、という
ことをやっております。

現在保護中なのがこの子です。

a0098129_21372610.jpg


































夜中にも何度か起きてミルクをあげなければいけないので、とにかく大変
とのことです。

友人の奥さんは仕事をしていないので、なんとかやれますが、仕事が
あればちょっと無理ですわな。

この子もまもなく近所にもらわれていくそうです。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-07-31 21:37 | 其の他
2010年 07月 26日

District 9

「第9地区」という映画を見てきました。非常におもしろかったです。

以下はネタバレなしで概要を書いてみたいと思います。

a0098129_20564580.jpg
















南アフリカの上空に巨大な宇宙船が出現。しかし、上空にとどまったまま
全く動きがない。しばらくして強行突破して宇宙船に穴を開け内部に入った
ところ、中には栄養失調でくたばりかけの多数のエイリアンが・・・。

人類はエイリアンをその巨大な宇宙船の下のヨハネスブルグ市内に
強制的に隔離してそこに居住させる。

やがて20年の歳月が経過して、その場所はスラムと化して付近の住民と
エイリアンとの間で衝突が生じるようになった・・・。

これが物語の設定です。

そう、まさに「エイリアン」を「難民」に置き換えたかたちなわけですね。
このようなかたちのエイリアンの「来襲」は今までになかったパターンですね。

エイリアンに関する諸事を管理している超政府的団体MNUがエイリアンを
200キロ離れた別の第10地区に移動させるプロジェクトを行うことを決定して、
そのプロジェクトの指揮中に現場指揮官がとある事故に巻き込まれ、さらには
エイリアンが密かに企てていたことが発覚し・・・というような流れで物語は進行します。

非常におもしろかった、と最初に書きましたが、万人におすすめできるかというと
微妙なところはあります。

この映画。非常に特殊でして、プロデュースこそ「ロード・オブ・ザ・リング」の
ピータージャクソンが行っていますが、監督は無名で初監督作品、役者はすべて
素人、低予算、という映画です。

ある感想によると「胸くその悪い映画」という意見もあり、ある種うなずけるような
ところもあります。設定でもわかるとおり、アパルトヘイトの南アフリカが舞台であり、
人類でないエイリアンはどのように扱っても良い、という人類のそしてあるいは支配者
層の傲慢な姿勢などを批判しており、テーマとしてはきわめて社会性が強いと言えます。

けれど、それと同時にお話のつくりとしては、後半に話が激しく展開する、いわゆる
大作系のアクション映画的フォーマットなので、前半のインディペンデント映画的な
渋めの作りからは「アレ?」という予想外な感もあったりします。

それでいて、わかりやすいアクション映画好きな方(例えば「トランスフォーマー」など)から
してみれば、良い人がほとんど皆無、社会批判が濃厚である、ある意味シビア、グロテスク
である、などなどの内容がうけつけられない、ってこともあるかもしれません。

そういう変則的な映画である、というとこをわかった上であれば、こいつはなかなかの
映画であり、見る価値は十分にあるかと思いますぜ。

目黒シネマで7月30日金曜までやってます。DVDは8月11日発売とのことです。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-07-26 20:59 | 映画
2010年 07月 13日

ご紹介

今日は凄く涼しかった。
気持ちよかったが、ちょっと肌寒いぐらい。

あ、紹介します。近所の方です。

a0098129_2045762.jpg



















けっこう年配の方なんですが、この界隈ではアイドル的人気です。

お年寄りなので、ほとんど寝てばかりいるんですが、とにかく全く警戒心がなくて、
以前も道行く人がみな何かを見て笑っていて、何かと思ってみてみると、こちらの方が
恐ろしいほどにリラックスして爆睡していた、なんてことがありました。

確かに見ると思わず笑ってしまう警戒心なさすぎなあまりにもユーモラスな寝姿でした。
残念ながら画像はないですけど。

ご覧のとおり、ルックスは決して良くないのですが(ご近所さんには内緒です!)複数の
人がカメラを向けていることも珍しくないほどの人気ぶりです。

かなりおもしろい格好をしていることが多々あるのですが、
なかなか写真におさめることが出来ず・・・。

梅雨明け、間近(らしい)です。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-07-13 22:00 | 其の他
2010年 07月 07日

パウル君の苦悩

明日早朝にワールドカップ準決勝、スペイン対ドイツが行われますが、それに関連して
以下のような記事がありました。

予言ダコ「パウル君」貝食べ敗北/ドイツ

 今大会でのドイツ戦の結果すべてを的中させている、ドイツ西部オーバーハウゼン
水族館のタコ「パウル君」が6日、準決勝のスペイン戦でドイツの敗北を予言した。

 ドイツはこれまでイングランドやアルゼンチンに大勝し、絶好調。ドイツ国内では「優勝
間違いなし」との期待も。しかし、パウル君はこの日、ドイツとスペインの旗を付けた水槽
内の容器のうち、スペインの容器を選んで、中にあった好物の貝をおいしそうに食べた。

 ただ水族館によると、パウル君は2年前の欧州選手権で、準決勝まですべて的中させた
ものの、ドイツとスペインの決勝戦でドイツが勝つと予想したが、実際はスペインが優勝した。
パウル君はスペイン戦の予言を外すジンクスがあり、水族館側は「ドイツにはまだ希望がある」
と解説していた。

(日刊スポーツ2010年7月6日の記事を引用)

エサを食べてればいいんだから気楽なもんだよな、と思ったあなたは次の記事を読んでみて下さい。

予言ダコ「パウル君」一転して非難の的に

 ドイツ西部オーバーハウゼンの水族館で飼育され、W杯の勝敗予想を的中させて人気のたこ、
パウル君が、一転して非難の的になった。7日(日本時間8日)の準決勝ドイツ-スペイン戦で、
ドイツの敗北を予想したためで、ネット上に「たこサラダにしてしまえ」、「やっつけろ」などと、ドイツ
サポーターと思われる人々から非情な書き込みが相次いだ。

(日刊スポーツ2010年7月7日の記事を引用)

ストレスから最近は吸盤の吸引力も弱まっているそうです。(うそ)

パウル君の予言が当たるよう祈っております。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-07-07 23:18 | 蹴球
2010年 07月 03日

春日の家

わが家の近所にオードリー春日の家があります。

ご存知の、いわゆる古めで、見たかんじ家賃がお安めのアパートです。
「いまだに」住み続けている、おそらく現在の彼の経済状態には合って
いない住まいです。

大家さんに契約更新の更新料を持っていったら「まだ住むの?」と
言われ「引っ越す理由がありませんよ」と返したそうです。

近所といったって歩いて10分、自転車で5分ぐらいはかかるところなんですが、
わりかしそばを自転車で通りかかります。

今まで部屋の灯りがついているのを見たことはないのですが、先日通りかかった
際には、部屋の灯りがついており「お、在宅かな」と思ったら、付近にとめた
車の中から撮影隊が現れて中に入っていきました。部屋で撮影みたいでした。

様子を見たかったのですが、部屋の中ですし、早々にその場をあとにしました。

すぐ近くに銭湯があり、5分のコインシャワーで頭を洗いきるために、自宅で
頭にシャンプーを泡立て、その状態で銭湯(シャワールーム)まで歩く、なんて
ことをやっていたらしいのですが、それで近所の小学生の間で有名になった、と
言っていました。

銭湯もすぐ近く、小学校もすぐ近く、というある意味ベスト?の環境ですね。
小学生たちには彼の家がモロバレしていると思うので、おそらく学校側で
「彼の家には近づかないように」というお達しが出たんじゃないでしょうか。
そうでもしないと小学生の無邪気な暴走はとめられそうもない。

しかし、彼も良いですが若林君もけっこう好きです。

オードリーには活躍してほしいですが、当分はあのアパートに住み続けてもらい
たいものです。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-07-03 13:05 | 其の他