自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 29日

見えない生活

すべてのものはYouTubeにある。

皆さんはこの事実をご存知だと思います。

心が洗われるとはこのことです。

重度の視覚障害者の27歳の女性に関するおそらく地方局の
バラエティ番組なのですが、なんというか、あまり下手な説明
をしたくないので、とりあえず是非見てもらいたいですね。



「見えない生活4」まであります。

とりあえず「3」まで見れば十分と思います。

この女の子、素敵です。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-29 23:35 | 其の他
2009年 06月 27日

謝罪会見

前回は、「パンクをしました」というような、さして内容もなければ、
気分も上がらない、そんなエントリとなってしまいましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

アイム・ソーリー、ひげ・ソーリー。

ということで、電気シェーバーを買いました。

単につなぎのための謝罪。これほど誠意のない
謝罪というものがありましょうか?

それに対して謝罪を申し上げたいと思います。

アイム・ソーリー、ひげ・ソーリー。

ということで、

日本が世界に誇るパナソニックの「ラムダッシュ」です。
a0098129_11524591.jpg

最高グレードの製品です。

この箱の大きさ。

3万円ぐらいのお値段ですが、2005年モデルの
新古品で、友人の友人から3千円で譲りうけました!

持ち主もこれが3千円とは、きついなぁ・・・と言っていたそうです。

申し訳ございません。

アイム・ソーリー、ひげ・・・。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-27 11:55 | 品々
2009年 06月 21日

今年2度目の

やってしまいました。

パンクです。前回から4ヶ月弱しかたってないのに。

期間の問題じゃあないですけど、またかよ、というかんじ。

またも後輪で、前回はガラス片でしたが、今回はリム打ち。

特に段差とかではなくて、ちょっとしたくぼみのようなもの、
でやったような気がします。

自転車はパンクが大敵だなぁ。あとは雨ですね。

今日も外は雨。しばらく雨が続くそうです。

梅雨の晴れ間を待っております。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-21 13:42 | 自転車
2009年 06月 15日

沈黙の艦隊

職場の同僚が「沈黙の艦隊」の文庫を全巻持っていたので
借りて読んでいます。
a0098129_23592450.jpg

以前途中まで読んでいたんだけど、最後まで読んでいなかったので
借りました。

いやあ、おもしろいおもしろい。

「沈黙の」っていうタイトルは秀逸ですね。

沈黙の、というわりに雄弁に世界に向かってアナウンスするし(内容を
読まないとわかりませんが)、潜水艦ってのは音だけに頼って基本的
に行動せざるを得ないので「音」ってのが、潜水艦に五感というものが
あるとすれば、聴覚こそが生命線なわけです。

これまで沈黙してきた日本という国家に対する皮肉ともとれるし・・・。

ボリュームもなかなかで、文庫ぎっちりで16巻。

梅雨に入ったし、晴耕雨読といきましょう。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-15 00:02 | 書物
2009年 06月 11日

げに恐ろしきもの、それはブログ

更新したと思って、気づくと一週間たっている。

恐ろしい。

下手なことを書くと炎上する恐れがある。

恐ろしい。

しかし、アクセス数が低いと下手なことを書いても
炎上どころか誰にも知られない恐れもある。

恐ろしい。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-11 22:26 | 其の他
2009年 06月 04日

正義のジェノサイド

そこの黒光り野郎ども。そうだ、お前らだ。
a0098129_22245319.jpg

黙っていれば、俺のなわばりで好き勝手やりやがって。

もう黙っちゃおられねえ。

サンダース軍曹が、アメリカの正義ってやつをお前らに教えてやるけん。



星条旗よ、永遠なれ。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-04 22:30 | 品々
2009年 06月 03日

誰が買っているのか?

誰が買っているのか?

1Q84 by 村上春樹、はいったい誰が買って77万部となるのだろうか?

もちろん77万部が売れた、という状態ではなく、単に発行したという段階だけれど、
すでに相当数売れているのでしょう。どこの本屋にもないみたいだし。

村上ファンも読むだろうけど、それだけではこの数字はまかなえない気もするので、
彼の作品をはじめて買ったという人もけっこういると思われますね。

時代が彼(が持っていると思われているもの)を求めるのでしょうか?

買ってみたら「なんじゃ、このわけのわからん本は!」
という人がたくさん出ないことを祈ります。

でも、わけわからん度は彼の作品の中ではマシなほうです。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-06-03 21:07 | 書物