<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

坂の街

最寄の駅からひとつ隣の駅に友達と待ち合わせをしまして、折りたたみ自転車で到着しましたところ、Pacer で来るのかと思った、と言われましたが、わざわざ近場にあんなので来るかい!と思いました。

街をパトロールする警官がライフルを持ち歩くのか?拳銃だろ?とわかったようなわからないような、たとえ話を持ち出しそうになりました。

いまのところ、ロードバイクと折りたたみ自転車というのは、守備範囲がまったくカブらないので、最高の組み合わせかなと思っています。カブるのは色ぐらいかな。どちらも黒ですから。

ちなみに今ええかなと思ってるのは、シングルギヤのMTBです。別に山は走りません。野も駆けず、ダートも避けます。ただ、マウンテンバイクのほうが乗車姿勢が楽ですし、街中走るんだったらシングルギヤでええんでねえか?と最近思ってきたんです。

ならママチャリでええんでねえか?などとおっしゃりませんように。あくまで、いつでも悪路に挑めるぞ!というスタンスを持ち続けての街乗りなのです。羊の皮をかぶった狸と呼んで下さい。

まあここ2、3分ぐらいの気分なので、5分後には変わってるかもしれません。んが、しかし、最近の気分としてはシングルのバイク、あるいは折りたたみ3段変速のブロンプトン。このあたりでもう十分じゃあないかと。すでに Pacer を持っているわけですからね。

東京は実は坂の街で、都心部は坂が以外と多いですが、まあ押せばいいわけですし、激坂はそう数あるわけではない。自分の住んでいる都の西はわりかし平坦ですしね。

何よりこの鍛えに鍛えられた貧脚があるじゃないですかッ!

まあ最近はだんだんと夏らしくなってもきているので、登らずに押そう・・・。なら変速付きにしなさいよ!いやです!!

冬の代々木駅近くです。特に本文とは関係ないですが、梅雨明けはまだかな、と。
a0098129_21372439.jpg

[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-31 21:40 | 自転車
2007年 07月 29日

雑記日記

昨夜の「しんちゃん」の放映はなかったようですね。
アジアカップの三位決定戦が入って、しかもそれがPKまでいって最後は・・・。そのせいでなくなったようですね。まあ、本当はDVDで見たほうがいいと思うので興味のある方は是非。

アマゾンのレビューを読んでみましたが、まだ見ていない人は絶対見ないで下さい。
ネタバレの宝庫ですけん(苦笑

やはり感動モノというのは予備知識なしで見たほうが絶対いいですからね。
感動の度合いに大きく差が出ます。

いちいち確認しないと納得しない「オトナ」の感覚ではなく、「コドモ」の感覚で素直にレンタル屋へ向かって頂ければと。

ところで、自民党が大敗、惨敗してますが、以前の選挙では
「地すべり的」勝利だとか、大敗だとか、そういう表現があったのだと思うのですが、今回は使わないのでしょうか?実に気に入った言い回しだったんですが。

普通使わないじゃないですか。実際の地すべり以外は。実際の地すべりもそうは起きないですしね。

なのに選挙になると突然出てくる「ことば」。
妙にぐっとくるんですよねぇ。

なので一時期不必要に使っていました。「あの娘、地すべり的美人だな」とか。意味がわかんないですね。

ということで「しんちゃん」で地すべり的感動を!
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-29 23:16 | 其の他
2007年 07月 28日

Frosch

a0098129_13561323.jpg

フロッシュという台所用洗剤を使っています。ドイツではかなりのシェアらしく、植物性の界面活性剤を使用しており、それらの98%は19日以内に分解されるという、地球に優しい洗剤です。

せっけんがエコだ、といわれますが、あまり汚れが落ちにくいという難点があります。落とすために余分にせっけんを使ったりと微妙です。

あと、やしを原料にしたせっけんなんかは発展途上国などで現地の人が生活のためにやしを乱獲して自然破壊につながったりと、これまた微妙なこともあるようです。なかなか難しいもんでんなぁ。

そういう意味で、容器のデザインもカエルもかわいくて、オレンジの匂いが心地よい、こちらの洗剤はいいんじゃないでしょうか。

おしゃれな輸入雑貨屋とかでは定価の税込み945円で売られてますが、もっと安く買いましょう。これはごらんのとおり580yenでした。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-28 13:56 | 品々
2007年 07月 27日

モーレツ!おすすめ!

a0098129_22344516.jpg













明日土曜日の深夜(日曜の朝)に、テレビ朝日で「クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」が放映されます。(関東地方以外ではやらないのかもしれませんが。)

実はこの作品、映画ファンの間ではそうとう評価の高い作品なのです。

でもさぁ、子供向けの下ネタアニメでしょ?という偏見がみなさん、おありでしょう。
自分の場合も噂はかねがね聞いていたのですが、やはりなかなか見る気になれず(笑)、実際に見るまでには時間を要しました。しかし、もっと早く見てれば良かったと思いましたね!損した!オレのバカ、バカ、バカ!!と思いましたよ?

素晴らしかったです。感動します。泣けます。子供にはゼンゼンわかんないと思います(笑)。完全に大人向けですね。完成度は近年の宮崎アニメを軽く上回ってます。

それでも信じられないというアナタはアマゾンのレビューを見ろ!
この絶賛の嵐を!!
正直、これほど全員そろって絶賛する映画って他でもほとんどないのでは?

しかし、レビューは絶対に見るなと申し上げたい!(どっちやねん・・・

本当は妙な予備知識なしで見てほしいと思うからであります!
レビューは映画を見てからじっくりと読むと。そうすると思い出してもう一度泣けます(笑

昔、ピンク映画が若くて経験のない映画監督が作家性を出すための良い場所になっていたように、子供向けアニメ作品の名を借りた野心作じゃないのでしょうか。

ちなみにこの作品の監督、脚本をつとめた原恵一氏は翌年に「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」でさらに高い評価を得て、今回「河童のクゥと夏休み」を作ったそうです。(今回の放送も新作がらみでしょうね。)

戦国大合戦もヤバイです。つうか、オトナ帝国見たらこれも見たくなるだろう・・・。

自分は洋の東西、古いもの新しいものを問わず相当数の映画を見ていますが、これはかなり良い!と自信を持ってオススメ致します。良い映画にゴダールも黒澤もハリウッドも子供向けも関係ないと思います。

おもしろいものはおもしろいし、つまんないものはどこまでいってもつまんない。

しんちゃんが肝心の場面でフルチンになるなど、笑うのは悔しいのですが、けっこう下らないトコがおもしろくて、そんでガードが下がったところを・・・。

あとはぜひ放送でご確認下さい。放送されない地方の方はレンタルしてでも見る価値がある、とオラが断言するぞ~!
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-27 22:32 | 映画
2007年 07月 26日

You will never walk alone.

「君は一人じゃない」

イギリス・プレミアリーグのリバプールというチームの世界的に有名なサポーターソングです。

オシムジャパンはアジアカップを敗退しました。サウジアラビアに完敗でした。

勝ったら喜んで負けたら離れるのがファンなら、負けたときに手をさしのべ勝ったときに涙するのがサポーターだと思います。

今後はますますオシムジャパンを応援していきたいと思います。

よくやった!そして、ますます期待しているぞ、オシムジャパン!

追記:「僕らはひとりじゃない」が正式な訳のようですが、やはりここは「君」あるいは「君たち」ですね!
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-26 22:02 | 蹴球
2007年 07月 24日

シングルギヤ的価値観

こんにちは。

郵便受けに1千万円が入っていたので使い道をどうしようかと悩んでいる今日この頃です。

バンコク長期滞在中の友人によると、タイ人にとって自転車は「なんであんなしんどいものにわざわざ乗るの?」というものだそうです。もちろんスポーツ自転車といいますか、高級な自転車が普及していないこともその一因でしょうし、通年暑い気候もあると思いますが、それらをさしひいても娯楽というか楽しみのためにわざわざ自転車に乗るということは理解されないようです。「物好きなやっちゃな~」というカンジでしょうか。

なんだか先進国の人間の上から目線みたいで恐縮ではありますが、たとえばシングルギヤのバイクのように、より原始的なものを見直す、というのはそれなりに豊か(あくまで物質的に、ですけど)な社会でないと出来ないことなのだろうなと思います。

それに関連してのことなんですが、サッカーワールドカップの02年の日韓大会のときにカメルーン代表がキャンプ地に大分を選んだのは有名な話になりましたが、そのときのエピソードをここで紹介したいと思います。

キャンプ地となった村はさまざまな施設を選手たちのために用意したのですが、そのうちのひとつに風呂がありまして、その建物が総ヒノキの立派な建物だったんですね。かなり金をかけて作ったと。ところがカメルーンサイドからはクレームが出た。木の建物なんて貧相だから何とかしてくれと。要は木よりコンクリートのほうが良い、ということなのですね。日本側も総ヒノキというのがどれだけ贅沢なのかを熱心に説明して、結局なんとか納得してもらった(のだと記憶しています。村側の対応についての記憶はあいまいです。もしかすると改装か何かをして対応したかもしれません。)という顛末なワケです。

これが、どこでもいいのですけど例えばフランス代表なら、コンクリートの建物と木の建物があったとして、それは単純にコンクリートのほうが優れているわけではない、という考えはすんなり受け入れられるでしょう。合掌造りの古家とたとえば最新の高層ビルとの価値の比較ということですね。もちろん必ずしも合掌造りの家が優れているという話でもないわけですが。

それはつまりシングルギヤに乗るから高尚だとか、車やバイクでなくて自転車に乗るほうがイケてるとか、そういうことではないのですが、でも、自転車というある意味原始的な乗り物の良さ、というのは日本でも高度経済成長を遂げていた頃にはおそらく理解されていなかったと思います。

そういったシンプルでプリミティブな(原始的な)ものが持つ魅力が現代において人々に理解されつつあるのではないか、という気がしますし、自分も遅ればせながらそういったことを理解しつつあるように思います。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-24 23:58 | 自転車
2007年 07月 22日

あらいぐまラスカル

よくいますでしょう。ろくに手入れをしていないママチャリに乗った人が。

そういう人は、

1.空気をきちんと入れて
2.チェーンに油を差し
3.サドル位置を適正にしたら

いいんじゃないかと思うんですが。まあベリービッグなお世話ですけれども。

ちょっとしたことで向上するものってありますよね?別に新しい高い自転車を買うまでもないっていうような。

帰宅したら、良い子の皆さんは手を洗うと思いますが、今度からはCDも洗って下さい。

先日「やっぱり楽しいオーディオ生活」(アスキー新書:麻倉怜士)という本を見つけたのですが、この本によりますとCDは洗うと音質が良くなる、そうなんです。
しかも、買ったばかりのCDに最も効果がある、というじゃありませんか!

a0098129_22364778.jpg











新品なのにッ?どうしてッ??とにじり寄ってくる御仁もいらっしゃるやもしれませんが、説明によりますと新しいCDは製造過程において不純物が付着しているのだそうです。新しくないCDの場合はこの汚れに加えて購入してからの汚れがつくわけですが新品で封を切る前の状態よりは扱い方によりますがマシなようです。がしかし、いずれにしてもキレイな状態ではないわけで洗うと良いらしいんです。

というわけで自分も洗ってみたのですが、これが別の効果をもたらしたのであります。

自分は DENON(でんおん、だったのをデノンと社名変更を行ったそうです)のアンプ、CDプレーヤー、スピーカーを持っているのですがここ最近そのCDプレーヤーがけっこうCDの読み取りエラーを起こすようになっておりました。音飛びではなくロードしたときに認識できないというエラーですね。なので何度もロードさせてそのうち認識できるようになる、なんて面倒なことになっていたわけなんです。もちろんプレーヤーに対してクリーニングCDを使ったりしてみたりはしたのですが改善しませんでした。新品のCDでも同様のことが起きていたので5年ほど使っているプレーヤーがキてるのかなと思ってたわけなんです。

そういう状況で、音質向上を期待してこの本のとおりにCDを洗ってみると、音の変化は正直良くわかりませんでしたが、そうです、読み取りエラーが洗ったものについては皆無となったわけなんです。いわゆる再生面は基本的には手で触れないという基本原則は守っていたわけで、さほど扱いが悪いということはないとは思いますがそれでも汚れていくものなんですね。そして最初からある程度は汚れていると。なのでピックアップ力の低下したプレーヤーではエラーを起こすし、起こさなくても再生時の音質に影響が出てしまうんですねえ。

そして、おそらくは音質も向上していると考えるのが妥当でしょう。耳がある人には違いがわかるのだと思います。

ちなみに洗い方ですが、洗剤などは一切使用せず水のみで洗います。自分は手で洗っています。傷がつくおそれがないものであれば布などを使うのも良いでしょう。

この本にはほかにもいろいろな音質向上テクニックがわかりやすく紹介されていますので一読の価値ありかもです。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-22 22:41 | 其の他
2007年 07月 20日

字数制限

聞くところによりますと、ブログの適正文字数はひとつの記事につき400文字までだそうです。

毎回軽くオーバーしているのですが(汗)最近では200文字が適正だという意見もあるようです。携帯電話のメッセージの影響なのでしょうか。

毎回記事を書くたびに自分の記事が妙に長いのに閉口しているんですが、読むほうはもっと迷惑でしょうw 書きたいことが短くまとまらないのです。なので短期集中連載、みたいなことになってしまうんですねw

あ!この記事も文字数オーバーしてしまう…!

さよならっ!

(今回の記事はこの文を含まず232文字です。これはさすがに短すぎる・・・。そして昨日の記事は約900文字です。400というのは確かに適正かもしれませんね。などと書いているうちに結局トータルが妙に長く・・・)
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-20 22:34 | 其の他
2007年 07月 19日

"Fatties fit fine."

さらに別の特徴もあります。モットーというか、標語というか?そういうものがひとつありまして"Fatties fit fine." というのです。訳すと「太いタイヤがよく合う」ですかね??
a0098129_2104676.jpg

とあるサイズの自転車に対してはある程度の太さのタイヤしかはけないようになっているのが常なのですが、Surly のバイクはかなりふっといタイヤもはけるような規格になっているのです。

私の Pacer もごく普通のロードバイクなんですが、ロードではありえないぐらい太いタイヤをはけます。要は自由にいろんな太さのタイヤを選べるってことですね。今はいているのが23Cというロードでは標準的な細いタイヤなんですが、最大で32Cのタイヤをはけます。あと泥除けをつけるためのダボ穴がフレームについているので泥除けをつけることもできるんです。通常ロードではその穴はついていないのです。泥除けをつけるとタイヤの太さは28Cまでになります。

ロードなんですが多少の砂利道やあぜ道?なんかでもいっちゃえ、という感じでしょうか。つまりはメーカー側が乗り手がなるべく自由にさまざまな乗り方ができるように、という考え方で作っているんですね。気軽に乗ってください。クロモリなので丈夫ですよ。こういったところがアメリカらしい気もします。

そうそうタイヤの太さといえば、ラインナップの中に Pugsley というバイクがあるんですが、このバイクのはけるタイヤの太さったらもう…バイクです。聞くところによると多少曲がりにくいみたいですw ただし乗り心地は悪くないでしょうねえ。パール・パープルの色も最高です。

Surly のスタッフが今年の冬に来日した際に持ってきたバイクは、すべてシングルギヤだったようですが、ハンドルはそれぞれいろいろなタイプのものを使っていました。中にはママチャリみたいなハンドルをつけているものもあったようです。それぞれが好きなように乗る。
これが実に当たり前な、唯一の「正道」あるいは「王道」であると思います。

自分のマシンもひとまずは標準的なロード仕様にしていますけど、今後はいろいろと変化させていきたいなと思っています。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-19 21:05 | 自転車
2007年 07月 18日

わが哀愁のクロモリ

前回からの続きです。

Surly(サーリー) は、アメリカはミネソタ州ミネアポリスにあるメーカーで、卸をしている大きな会社に間借りしている、あるいは社内プロジェクト?だったのか、どちらかちょっと定かでないのですが、とても小さな会社で主なスタッフは5名です。その5人のスタッフは全員30代半ばの男性で毎年主要な市場である日本にも来ているようです。

現在の自転車のフレームの素材の主流はアルミやカーボンです。一般的なのがアルミで、最近はスペックの高いマシンになるにつれてカーボンになります。以前はクロモリという素材が使われていたのですが、最近はすっかり少なくなりました。Surly はこのクロモリという素材を使った自転車しか作っていません。クロモリは丈夫で、かつしなやかで(振動吸収性が高い)修理がしやすい、という特徴があり、同じ細さでも他の素材より強いため見た目がシャープなフレームを作りやすいのです。ただしアルミやカーボンに比べて重いため、レースなどには向いているとは言いにくいですし、メーカー側はより軽い自転車を作ろうとしているためクロモリは少数派となっています。

Surly はこの、ある意味時代遅れの素材を採用して自転車を作っています。

また、自転車には変速機つきと変速機ナシとがあります。もちろん最近の自転車は高級なものはもちろんママチャリでも変速機がついているのが普通なんですが、中にはあえて変速機をつけていないものがあります。最近はやっているピストバイク(もとは競輪などの競技用のものでブレーキも変速機もついていないもの)などがそれです。変速機ナシ=つまりはシングルギヤですね。Surly は以前からシングルギヤのバイクを作っており、ラインナップの中にはMTBのシングルもあります。

要はちょっと変わったバイクを作っているこだわりの会社というかんじですね。そういえば製品ラインナップの中には一輪車もあります。詳しくはオフィシャルのサイトを見て下さい。ただし英語です。完成車ではなくフレームでの販売が多いのですべてのラインナップを見るには Bikes のカテゴリだけでなく Frames のカテゴリも見る必要があります。またこちらで日本語の PDF カタログもダウンロードできるようです。またこれらのバイクの特徴について京都・銀輪さんで紹介されてますのでそちらでより理解できます。

まあ売り込みはこれぐらいにしまして(笑)続きは次回です。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-18 21:41 | 自転車