<   2007年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 29日

路上のルール

街乗り用のバイクで18万というのはやはりちょっと「重い」。べつに重量ではない。気軽でない、という意味である。気になる、ということである。気になって仕方ない、ということである。そのへんの歩行者が全員自転車泥棒に見えるということである。

もしオレがめったに飲まないマックのシェイクを飲んでいたとしたら、

そして、飲みながらバイクをとめてあるところに戻ってきて、そして、もし、
そこにあるはずのバイクが・・・ないとしたら??

オレは思わず手に持っていたシェイクを落としてしまうに違いない。やがてシェイクが溶けて、どろどろと容器から流れだし、蟻どもがどこかから甘い匂いをかぎつけ集まってきたとしても、それでもオレはそのままの姿勢で絶句しているだろう…

自分が防犯登録のシールを貼りたくないばかりに、登録をすることをためらっていたことを後悔するに違いない。そして、激しく自分を責めるだろう。地面に突っ伏し慟哭をあげながら、シェイクまみれになり、なぜフレンド商会に200センチのワイヤーロックが入荷しなかったのか?なぜ何度行っても未入荷なのか?オレが行くたびに店員が商品を隠しているのか?それとも単なる偶然か?あそこで店員を締め上げてでも入荷を迫るべきだったのか?もしそうしていればこんな事態にはならなかったのか?いや、いさぎよくあきらめて他のロックを入手すべきだったのではないだろうか?いや、そもそも Surly のようなブランドのフレームを買ったことが失敗だったのか、オレのような初心者もいいとこの輩が、未分不相応にもフレームを選んで組んでもらうというような大それたマネをしたことがそもそもの問題なのか。いや、たまたま会社の人たちが自転車好きばかりで、その影響でこんなロードバイクを買おうと思ったことがそもそもの問題なのではないか?許してくれ、あんなチンケなワイヤーロックひとつでキミを置き去りにしたオレを!このような問いを呪詛のように並べ立て、通行人が哀れみの目で見る、いやあるいは存在に気づかないふりをして通り過ぎていく、そんな中をひとり世界の苦悩を一身に背負って身悶えるのであろうか?

身悶える前に、防犯登録をして、ワイヤーロックを(合法的に)入手するか…
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-29 22:45 | 自転車
2007年 04月 26日

1号

これが初代の折りたたみ自転車。

何を隠そう DAHON の OEM である。

05年9月に1万8千円ほどでネットで購入。

サイコンはつけてないのでどのぐらい走ったのかわからないけど、わりとよく乗っているので、実際のところ1000キロとかは走ってるんじゃないかな?
a0098129_2143389.jpg

こいつが小さい割りによく走る。変速は6段しかないけど、ホイールベース(胴体の長さ)が長いので、小径でもさほど小さくかんじない。

実際に10キロぐらいの道のりは35分ぐらいで走ってしまう。それぐらいの距離だと都会ではロードバイクでもさほどのアドバンテージはないので、時間的に大きな差はないんだよね。しかも近距離の場合、フットワークの良さと、加速性(漕ぎ出しが軽い)とで、実は街乗りの雄だったりするわけなのだ。ただそれ以上の長距離だったり坂になるとつらいし、最高速度などはロードの足元にも及ばない。

Pacer とこいつでは守備範囲が全然違うので、今後もずっと乗っていくつもり。何より安いから盗難にそれほど神経質になる必要がないのが良い。(もちろんカギは必ずかけるけど)

マンション内の自転車置き場保管なので、最近クランク部分などに錆が出てきている。いちおう定期的には拭いていたけど、きちんとメンテするか、室内保管するか(それは今さらか)したほうが良いかもしれないね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-26 21:44 | 自転車
2007年 04月 26日

CL Semi-final 1st leg

Chelsea 1-0 Liverpool

いまいちでしたな~、リバプール。

チェルシーの強さが目立ちました。決めるとこ決めて。

ドログバは相変わらず凄い。エトーが復帰後は以前ほどのフォームでないようなので、
今のところ世界一のフォワードでないかと思ったりする。

アンフィールドでいかにチェルシーをねじふせるかだな~(ファンがw
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-26 21:34 | 蹴球
2007年 04月 25日

マンチェスターU vs ACミラン

よくぞ、逆転した。

90分のルーニーのゴールで3-2の逆転勝利。

ミランはアウェーゴール2点を入れていたので、2-2の同点ならミラン有利で終わるところだったのが、このルーニーのゴールでアウェーのサンシーロで引分け以上なら勝ち上がり、という状況になった。同点なら4:6でミラン有利という状況だったのが、逆転して6:4でマンU有利というようなイメージの状況になった。

一点目はロナウドの得点だったけど、それ以外は彼がいつもほど活躍できなかったのが苦戦原因か。そのあたりはミランの守備力はさすがだね。ロナウドが抑えられたぶん、ルーニーが良かった。彼の1点目も良かったが、特に90分の決勝点。現地の実況でよく言う「何もないところからゴールを生み出す」というプレー。角度厳しいところでネスタにつかれている状態であのゴール。圧巻だった。あとスコールズも良かった。今シーズンの彼はじつにいい。さほど派手さはないが、とてもいい。見た目もいい。なんか典型的イギリス人というかんじでw

ポール!敵地でミランを粉砕してくれ!!
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-25 21:58 | 蹴球
2007年 04月 23日

ただマイヨジョーヌのためでなく

ルイス・アームストロングというアメリカ人で、ツールドフランスを制した世界的な選手がいる。

これは彼の自伝。

彼は母が17歳のときの子供で、両親は彼が2歳のときに離婚した。若い母親に愛情をこめて育てられたが、家計は苦しかった。15歳になって大人にまじって自転車競技に参加しはじめた彼は地元で頭角をあらわしていく。やがて国際的に活躍するようになった彼は、21歳で史上最年少の自転車世界選手権優勝を果たす。

順風満帆に見えた彼の競技人生だったが、25歳のときに睾丸癌と診断される。検査の結果癌は肺と脳にまで転移しており危機的状況であることが判明する。医者からは生存の確率はきわめて厳しいことが知らされるが、手術と化学療法をへて、彼は死の淵から生還する。

紆余曲折をへて自転車競技に復帰した彼は1999年のツールドフランスで個人総合優勝をはたす。この本が書かれたのが1999年ごろで、けっきょく彼はこのあとツールドフランスを7連覇して現役を引退する。

ルイス・アームストロングという個性的な人物の半生を読むという楽しみと、癌の闘病記という側面、そして自転車競技についてのさまざまなこと、それら三つの要素が含まれている、一粒で三つおいしい、そんな一冊である。

自転車が好きな人はぜひ。そうでない人でも十分楽しめる本だ。
なんといっても原題は "It's not about a bike." (バイクのことではない)だから。

ちなみに「マイヨ・ジョーヌ」とは、総合タイムトップの選手が着ることのできる黄色いシャツのことだそうだ。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-23 22:36 | 書物
2007年 04月 21日

スラング

必須アイテムのひとつ、空気入れです。

Topeak の JoeBlow sports というやつ。
a0098129_2115076.jpg

友人が所有しているものと同型で、すすめられて買いました。

11気圧まで入るという話なんだけど、メーターで10気圧あたりになるとバルブをロックしているところがゆるんで、ロックが解除されてしまう。なので、それ以上は入れられないんだよね。

コインのようなもので締めるねじがついているのでこれを締めれば大丈夫なのかもしれないが、実際のところ、10気圧なんてまず入れないとのこと。Pacer につけている Panaracer Stradius Elite Lite は指定気圧が7-10.5なので、例えば前が8で後ろは9あたりで良いらしい。ひとまず多めに入れたほうが速そうなので最初は前後とも10ぐらいを目指して入れてたら、前述のようにロックが解除されたりする上に、乗り味も硬いw

今は、自分にとって適正な気圧を探しているところ。

しかし、これの名前、ジョーブロースポーツというのだが、英語でフェラチオのことを「ブロージョブ」という。

「ジョーブローって10回言ってみて」

「ジョーブロージョーブロージョーブロージョーブロージョーブロー…」
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-21 21:06 | 自転車
2007年 04月 19日

君はジョニー・トーを見たか?

今日は映画の紹介。

ジョン・ウーがハリウッドに去ったあとの香港映画界を背負って立っていると言われるジョニー・トーの1999年のフィルム・ノワール(暗黒映画、つまり犯罪映画)「ザ・ミッション 非情の掟」である。

組織のボスが暗殺者に襲撃を受け殺されそうになる。組織の命令により5人のボディガードが選ばれボスの護衛につく。彼らは姿見えぬ暗殺者からの襲撃を何度も受ける。確執がありつつも力をあわせてボスを守る彼らに次第に友情のようなものが芽生えていくが…。

わずか82分のシンプルな映画。撮影もわずか18日間という話。まんずオープニングのテーマ音楽がめちゃかっこいい。なんつうかダサカッコイイというか。

キャスト・スタッフ紹介の題字も古めかしい。これは黒澤明に心酔するジョニー・トーだから。そしてこの映画のストーリーやキャラクターも「「七人の侍」をかなり意識したものになっているらしい。

特筆すべきは、敵からの襲撃を受けるシーン。なぜか閉店後のジャスコを移動するボスと護衛たち。そこで敵からの襲撃を受けるのだが、そのシーンの美しいこと、かっこいいこと、惚れ惚れすること。

フランシス・ンやアンソニー・ウォンなどシブい俳優たちが魅力を放つ、この映画。この映画で最高の演技を見せるのはフランシスなのだが、しかしなんといってもラムシュー。ハンサムには程遠く、かなり太っちょで、日本人で一番似ているのは伊集院光、なのに、このかっこよさ、存在感。しかもほとんど喋んないし。というか登場人物全般がほとんど喋らない映画。これはかなり珍しい部類に入るんじゃないだろうか。

ラム・シューはこんな顔(日本語で良いサイトがなかったので英語サイトですが・・・)

http://www.lovehkfilm.com/people/lam_suet.htm

もしかすると近い将来「インファナル・アフェア」と同じくハリウッドでリメイクされるかもしれないが、決してこの映画を超えることはない。なぜなら、ハリウッドにジョニー・トーはいないからだ。

最後にもう一度、聞く。

「君はジョニー・トーを見たか?」
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-19 23:49 | 映画
2007年 04月 17日

ACミラン包囲網

UEFA 06-07 チャンピオンズリーグはついにベスト4が出揃った。
そのうちなんとイングランドから3チーム。プレミアシップファンの私からすると最良の結果である。この3チームはリーグでも1-3位に位置しており、4位に甘んじているアーセナルは蚊帳の外といった状況だ。

さて、次のセミファイナルのカードは、チェルシー vs ミラン、マンチェスター vs リバプールとなる。おもしろいのは、もし決勝のカードがチェルシー、マンUになれば、彼らはあわせて3つのタイトルを争うことになる可能性がある、ということだ。ひとつはすでに対戦が決まっているFA杯の決勝である。そしてプレミアシップで現在首位のマンUと2位のチェルシーはわずか3ポイント差でリーグのタイトルを争っている。(3位のリバプールはもはや優勝の可能性はない。)そしてすでにリーグ杯のタイトルをとっているチェルシーは4冠の可能性を残しているということになる。

さて準々決勝を振り返ると、やはりマンチェスターとローマとの一戦が一番印象に残る。プレミアで絶好調の攻撃陣をローマがいかに封じ込めるのか、が最大の見所とふまえて試合を見た。もちろんスカパーでの観戦である。

ローマでの1st Leg はローマが2-1で勝利した。驚いたのはローマの組織力だ。今、最も危険な男、近い将来バロンドールを獲得するであろうクリスチアーノ・ロナウドをはじめとしたマンUを見事に整備された守備で封じ込め、失点をロナウドからのカウンターからの一点のみにしてホームでの初戦を乗り切った。ローマは中田が所属していたスクデットを獲得したときのチームよりも、組織力という点では上回っているように思えた。おそるべし、スパレッティ。名波のいたベネチアをはじめとした弱小セリエAクラブを残留請負人としていくつも率いて、スキンヘッドをなでながら強豪チーム相手に大変な思いをしながら勝ち点をかすめとっていた頃が嘘のようだ。今年もインテルに独走を許してはいるものの、ミランのいぬ間にローマに2位を確保させている。

1st Leg でルーニーのファインゴールで貴重なアウェーゴールを得たマンチェスターだったが、ホームに帰っての試合はかなり難しいものになるかもしれないと思わされた試合だった。

そして、マンチェスターのホーム、オールドトラッフォード、シアター・オブ・ドリームスでの 2nd Leg を迎えた。ローマはトップ下に位置する Taddi が負傷により欠場。解説によるとかなり重要な選手であるとのことだった。それでも、世界でも有数の良質なファンと設備、そして歴史を有するオールドトラッフォードでの試合の入り方としては実に悪くない試合の入り方をしていた。1点を失っているとはいえ、まだ1点のアドバンテージがある。ナーバスなアウェーチームが落ち着かないうちに先制攻撃を仕掛けて主導権を握ろうとするホームチームに対して、じっくりと対応して最初の10分を無難に乗り切ってみせた。しかし、そう思った矢先の前半12分。マンチェスターの技巧派キャリックのミドルがローマのゴールを陥れる。極めてあっさりと。ロナウドがドリブルから真横に意外性のあるパスを出し、そこに走りこんだキャリックが素晴らしいミドルを決めたのだ。そして17分。カウンターからのゴール。決めたのは帰ってきたアラン・スミスだ。カウンターのお手本のようなほぼダイレクトでつながったボールを最後に冷静に決めてみせたスミスのゴール。

ローマは焦っただろう。当たり前だ。短時間で合計スコアを3-2とされて逆にリードを許してしまったのだから。盛り上がるスタジアム。再度のキックオフでローマは明らかに攻め急いだ。そして、予感は実にあっけないほど的中する。キックオフから2分経過するかしないかのタイミングで、またもカウンターからのルーニーの3点目。シアター・オブ・ドリームス、夢の劇場はその名に恥じない華麗なショーを惜しげもなく客に披露する。そしてこのあと赤い悪魔はさらにゴールを重ね、ローマの反撃をデ・ロッシのゴールのみに抑えて、最終スコアは驚愕の7-1。

結果的に分かったことだったが、やはり地力の差が出たというのもあるが、ローマの選手層の薄さが大敗の最大の原因だったと思う。このレベルの試合に出れる選手がベンチにほとんどいなかったローマは、試合の展開に応じて選手を替えるということができなかった。本来であれば例えば2失点した状況で選手やシステムを変えることで早い段階でゲームを失うことは避けられたはずなのだ。もちろん、Taddi がいなかったことも大きな要因なのだろう。運動量の豊富な彼がいなくなることで初戦で見せたあの組織力に大きな亀裂が入ったことは想像に難くない。あと、初戦に攻撃を封じ込められたマンチェスターのファーガソン監督がその反省をふまえて対応策を練り、それを実行し、それが功を奏した可能性は高い。もちろんファーガソンにしてもこれほどの大差がつくとは思いもよらなかっただろうが。しかし、マンUの前線の3人、ロナウドとルーニー、そしてアラン・スミス、この3人の顔つきは全員悪童のそれで、ロンドンのストリートにいたら誰もが危険な存在だと思うだろうな。警官は職質するの間違いないし、その間警棒から手を離すこともない、そんなかんじだ。

そんなマンチェスターだがw、リーグ戦そのままの攻撃力を見せつけた彼らが決勝に進むのは間違いないと思う。(リバプールもかなり好きなのだが、総合力でマンチェスターに敵うとは思えない。)

個人的には絶対ミランには優勝させたくない。リバプールとミランという2年前の決勝カードの再現でミランがリベンジならず、というのも楽しいが、やはりマンチェスターとチェルシーが一番楽しみな組み合わせである。

いずれにしても、おもしろくないサッカーのチェルシーとミラン以外の優勝を望む。となるとマンチェスター、リバプールの勝者に勝ってもらいたいということになる。まあプレミアファンなのでチェルシーでも、まあいい。ミランはダメ!イタリアサッカーつまんねえ!ひとまず準決勝でチェルシーに勝ってもらわないと。

今から準決勝、決勝が楽しみである。

最後に、あれだけの大差ですでに試合が終わっている状態にも関わらず、ローマのトッティは最後まで良いプレーを続けていた。(もちろんトッティだけではないが)、若い頃の彼ならとっくにイラついてカードをもらったり、プレーに精彩を欠いていたかもしれないが、このゲームのトッティは最後まで力を尽くして良いプレーを続けていた。成熟した素晴らしい選手に成長したのだとこの試合で実感した。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-17 21:40 | 蹴球
2007年 04月 15日

ポタリング春の陣

お台場を目的地としたポタリング。

週間予報では雨の予想が長らく続き、開催が懸念されていたものの前日になり晴れの予報に。

メンバーは4名。すべて成年男子である。

コースは荒川サイクリングロードを下り、目的地はお台場。

予報どおり天気が良く、気温も上がり暑いほど。オレは最終的にTシャツで走ったが、それでちょうど良かった。

ちょっと厚着しすぎたメンバーもいたりと、この季節はなかなか服装の選択も難しいものだ。

途中で一名の自転車のシートピラーとやぐらの接続部分が破断するというトラブルが発生。

しかしながら、このトラブル、サドルが左右に揺れてしまうという好ましくはないが深刻ではないもので、少なくとも走行に関しては特に大きな問題にはならなかったため、多少の応急処置にて走行を再開することができた。

春の陽気に誘われてというか、当然お台場には多くの人出。
そうなると様々な人種が街にあふれかえることになる。

お台場で飲み物などを買ったりして少し休憩していたときのこと。とある年配の男性に「これって何枚になってるかな?」といきなり聞かれる。

見ると、その男性は使い捨てカメラを手に持っている。
どうやらフィルムの残量枚数の表示がよく見えないようだ。
見てみると枚数がゼロになっている。
その旨を告げると「あ、そう。…あれで撮りすぎたのかぁ」
などと言い出し、さらに言葉を続ける。

「さっきね。すごくきれいな女の子がいたんだよ。その娘に写真を獲らせてもらって、そこで撮り過ぎたんだな…」

どうやら夢中で写真をとりまくったらしい。

「オレはね71歳なんだよ」
確かに71歳には見えない。エネルギーは老人のそれではない。
それ以上にその風体・・・。

いわゆるビジネスマンが着るタイプのものではないスーツ。
かなり身なりに手間ひまをかけているのは一見しただけでわかる。髪はおそらく染められてられているのだろう。黒々としており、きちんと整えられたヘアスタイルは床屋か何かでセットしてもらっているようにも見受けられる。手にはほとんどの指に派手な指輪をしている。年金で生活しているのでないのは確かだ。

「オレは昔コレ(頬を切るしぐさ)だったんだよ」

それはどうだかわからないが一般市民には見えないのには諸手をあげて賛成したい。

「いいオンナだったなぁ。19歳だってさ。ところでオレの彼女の歳わかる?」

わかるわけねぇよw

「二十歳。みんな信じないんだよ。写真持ってるから見るか?」
とバッグから出そうとする。

「いやいやいいです。信じてますよ。凄いですねぇ」
「まあ金持ってるからってのはあるけどな。さっきの女にも2万やったしな。オレは金持ってるからな」

といってオレとそばにいたもう一人のメンバーにおもむろに財布の中身を見せる。
「ほらな」
財布の中には最低でも200万は入っていたように思う。
「まあ今のオンナもオレの金が好きだから」

オレもアナタ好きかもしれない…

このあと彼の近況報告、これまでの経緯などを多少拝聴したのち、まことに残念ながらお別れとなった…。
というより、逃げ出したというかw

えぇ~と、お台場に何しに行ったんだっけ?
そう!ポタリングだった。

そこでそのオヤジに会った以外は・・・ボールを蹴って遊んだ。フットサル用のボールを持ってきてる人がいたんだね。

ああいうグッズというか、遊ぶモノを持っていくってのは良いアイディアだね。のんびりするのも悪くないが、せっかく広い場所だったら遊ぶのも悪くない。

結局、トータルで66キロ走ったが、だいぶロードに慣れてきたようだ。楽とまではいえないが、この調子で走っていけば、もっと遠くでももっと楽に走れる??気がしてきた。

ナイスなポタリングの1日だったが、オレが50年後におぼえているのは「あの札束の詰まった財布だけかもしれない…。

追伸:友人宅にデジカメを忘れたので写真は撮ってません。携帯でも撮らなかった。札束は撮っておきゃよかったかもw
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-15 22:34 | 自転車
2007年 04月 11日

支出報告

わが Pacer ですが、最終的なお値段は約17万5千円也。

内訳は、フレームが7万少し、コンポが4万7千円、ホイールが1万2千円で、工賃が1万円で、残りが2万と少し。

ちなみにサドルは含んでいない。

かかったねぇ…、同じ値段の完成車で何が買えるだろうか…いや、比較してもしょうがないね。

自転車は金のかかる趣味ではないと思うが(もちろんかけ方次第ではあるけれども)、それでも初期費用としてある程度は必要になる。

上記の自転車本体関連以外のグッズ類としては、これがすでに購入したもの。

気圧計付空気入れ  3000円
LEDライト・前      1500円
サイクルコンピュータ 3500円

今後必要なものは…

ワイヤーロック(品切れ中につき入荷待ち)
ボトルケージ
ボトル

さらにはロングライドなんかになってきたら、トラブル時のために携帯用工具やらポンプやらチューブなどなどが必要になってくるんですね。いつでもどこでもトラブルは起こりうる。

あとメンテナンスのために、メンテナンス・スタンドやケミカル類なども必要だろう・・・。

うーーーーーん、考えるのがネガティブになってきた。

自転車をはじめて購入される方はこのあたりのコストも計算に入れておかれたほうがよろしいですよ。最低でもプラス1万5千円かな。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-11 20:30 | 自転車