自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車( 166 )


2010年 10月 27日

New Surly

2011年のSurlyはけっこう大きな変化がいくつかあるようです。
(というか、すでに新しくはない話題になりつつありますが…)

こちらのSurlyのブログに詳細があります。
(以下写真はブログから拝借致しました。ソーリー?つうかサンキュー)

まずは Pugsley の完成車(22万ぐらい)が登場!

a0098129_2034146.jpg















ラインナップからなくなってしまうのではなく、ついに完成車の登場とは
嬉しいですね。買う予定は全くないけど(笑)スノーホワイトのカラーもなんか
いいですね。これで雪道走ったら雪上車みたいだ。スウェーデン国軍オフィシャル
車輌、みたいな(勝手な想像)。

実際のところ、パグスレーってもしかするとサーリーのブランドアイコン的
車体なのかもしれませんね。以前なら1×1かな、という感じもあったんですが、
やはりパグちゃん?の存在感は圧倒的な気がします。

また1×1のジオメトリと同じで、なおかつシングルでも変速機つきでも
対応可能なトロル(Troll)という新モデルが登場!

a0098129_20344643.jpg















特にこのカラーが好きです。久々にお気に入りの色が出ました。

ちなみに troll というのは、想像上の怪物で鬼みたいな「トロル」と
主に英国で使われるという「ぶらつく、歩く」の2つの意味に掛けたもので
ないでしょうか。(後者の意味はいわゆる「トロール漁船」のトロールの
ようです。)

ちなみに白雪姫は英語で「スノーホワイト」。パグちゃんのニューカラーがスノー
ホワイト。鬼に白雪姫なんてなってくると、今年のSurlyのテーマはファンタジー??
などと強引な読みをしてみたり。でも、あとひとつぐらいないとこじつけも成り立たないですね。

さて、この鬼。1×1の潔さがいいんじゃい!とは言いつつも、組めば結局の
ところ最低でも1台20万近くするもので、それで汎用性がないというのは現実的にキツイ。

なのでこれは実にありがたい選択肢と申せましょう。鬼とは言いつつも憎らしくない
鬼であります。

そんでそいつは「トレイラー」に接続可能と。これこそまさに鬼に金棒!ときたもんだ。

a0098129_20352280.jpg











MTB買うなら最有力候補ですが、こうなってくると別にサーリーじゃなくても
いいわな、という話にもなってきますが…。わりと普通のMTBというか。
トレイラーに接続できる、ってのはありますけどね。

クロスチェックやスチームローラー、ペーサーも新色が登場して、
なかなか元気が良いですねー。

スチローの完成車がサーリー・オープン・バーに変わったのも、本来あるべきところに
立ち戻った、というところでしょうか。

全体として、良い方向の変化でないかと思いますね。ますます元気の良い Surly に期待です!
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-10-27 20:37 | 自転車
2010年 10月 17日

走行距離4000キロ

ついに4千キロを突破。

a0098129_2075563.jpg





















ついに、というほどの距離でもないですが、個人的には涙なくしては
振り返ることが出来ません(号泣)

4月に自転車を買ったので4月起算となっており、これまで年間千キロペース
でした。今年の4月時点では3千キロだったので、つまり今年は例年の倍の
ペースということになります。

ただ、これまでが少なかったといったほうが良いかもしれません。

私の自転車も購入して3年半が経過して、走行距離が4千キロとなりますと
あちこちに問題が出てきてもおかしくないころです。

実際多少メンテナンスが必要かなと思われる部分も出てきています。
いや、多少ではないかも?

カスタマイズを兼ねてメンテナンスというか、やっていこうかなと
思っており、場合によってはこの冬はちょっと入院させることも必要
かなと思っています。

何しろ本体?よりも働いているわが分身ですので。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-10-17 20:08 | 自転車
2010年 10月 14日

エンドキャップを巡る物語

ある日、あなたは気づくだろう。

あなたの自転車のハンドルのエンドキャップがないことに。

機能上はなくてもさほどの支障もないが、キャップのないハンドルは
なかなかにマヌケです。いかにも自転車のお手入れをしていない印象を
与えてしまいます。

そのような雑な扱いをしていると、自転車の盗人(ぬすっと)に目をつけられる
確率も飛躍的にアップするでしょう。盗人の、歪んではいるが、鋭い観察力がそのような
隙を見逃すはずはないのであります。

また、通りを行く素敵な女性(あるいは男性)が、自転車に颯爽と乗るあなたを
見て「あら」と注意を向けたにも関わらず、そのエンドキャップが外れているのを
見つけ、あなたへの評価を一気に逆転させてしまう、ということも多々見られることで
あります。

このように盗難対策上、あるいは婚活、恋愛に対しても非常に重要なポイントとされている
エンドキャップについては、意識してもしすぎることはありません。

先日、どういうわけかエンドキャップが外れていることに気づき、慌てて購入した次第です。
黒だったものをシルバーに変更致しました。

a0098129_19492436.jpg




















パープルのアルミのものが店頭にあってなかなか良さげだったのですが、2つで2600円と思いのほか
高かったので尻込みして手を出しませんでした。なので安いやつです。

前回購入したものを装着したときはあまりにもあっさりはまってしまったので、そのぶん
ゆるくていまいちフィット感が弱く、そのため外れてしまいやすい状態で、そのために
失くしてしまったわけですが、今回のは両側とも強い力で押し込まなければいけなかったので
とうぶん外れることはなさそうです。

「そのとき」は突然やってきますので、皆様注意を怠らないことをご忠告申し上げます。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-10-14 19:50 | 自転車
2010年 10月 03日

番犬

自転車における最高のシーズンを皆さんは満喫されているだろうか。

私は満喫している。いや、微妙かも。

というのも、先日、新宿に自転車で出かけたのですが、さあ、鍵をかけて・・・と思ったら
鍵がない!ワイヤーキーを持ってくるのを忘れたのであーる。

この悔しさ。己に対する怒り。やるせない想い。萩原朔太郎でなくとも、
橋の欄干に噛みついて遠吠えのひとつもやりたくなるだろう。

鍵がないとなると、もう何もできない。まさか伊勢丹やルミネに自転車で
入るわけにもいかないし、紀伊国屋で立ち読みならぬ「乗り読み」をしている
場合でもない。

駐輪ができなければ、どうしようもないのであります。

鍵を買うという選択肢もなくはないけど、無駄に家にいっぱいあっても意味ないし、
買うなら欲しいやつを買いたいしね。新宿でキーを買うとすると、もしかしてワイズ
に行くとか・・・

さあて、帰るとするか!

一人で新宿に行っただけだったし、その日にどうしてもという用事という
わけでもなかったので、仕方なくそのまま家に戻ってきました・・・。

こういうときに、このような忠実な番犬でもおれば「オイ!しばらく見張っておけ。
知らないやつが近づいてきたら追っ払うんだぞ。」ということもできるのだが。

a0098129_2158384.jpg



















そもそも自転車で番犬を連れ歩いている人物のイメージがわかないが、
とにかくあまりの虚しさに、思考が空転・迷走していたのは間違いありませんでした。

ちなみにこの「番犬」。とあるスーパーの前で雨の日、ご主人を待っている
ところです。傘の陰で、妙に悲しげで、寂しげで、不安げで、切ない雰囲気が
ありました。

触ってみると、理由は不明ですがちょっと震えていました。さほど寒いという
ことでもなかったので体調が不良だったのかな?

最近、この種の日本犬が気になります。

サッカー日本代表の本田圭祐の愛犬も柴犬です。

彼がオランダでプレーしていたときに彼の所属チームのファンである老夫婦が彼と
同じ柴犬を飼いたいと思ったのですが、オランダで柴犬を入手するのが大変で、
いろいろと手を尽くして手に入れたという話をテレビで見ました。

オランダ人夫婦に飼われている柴犬は、なんか絵が不思議な感じでしたけど、
とても幸せそうでした。

とりあえず、今度からは忘れずに番犬を連れていかないとな。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-10-03 21:58 | 自転車
2010年 09月 26日

レッドレッドレッド

先日プレゼントで頂いたフラッシュライト

a0098129_2012392.jpg







































どちらかというと、自転車につけるものは極力最小限にとどめておきたいという考えがあり、
これほどに大きいライトは要らないと思っておりました。

しかし、ライトというのは大きければ大きいほど、己が存在を誇示し、ゆえに安全性が増す
ものでありますので、下らぬミニマリズム信仰などというものを捨て去り、取り付けた次第であります。

しかも、わがペーサーは「闇にまぎれて生きる、俺たちゃ妖怪人間なのさ」的真っ黒な、
闇にとけこむ仕様です。

あるいは、黒装束に身を固めた「忍び」そのもの。Surlyのメンツも「ジャパニーズ・ニンジャ」を
イメージしてプロダクト仕様を決定したと言われています(うそ)。

なので、いかに光るか、ということは生命線といって良い事項となって参ります。

ご覧のとおり、あかあかと闇を照らし、まるで夜空を舞う火の鳥のようです。

「おのれか、永遠の命を得たいと思う者は?」

今宵も秋の夜空を真っ赤に染めあげて走ります。

自転車ベストシーズンを迎え、中秋の名月を天に仰ぎ、赤々と後ろを輝かせつつ、走ろうと思います
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-09-26 20:14 | 自転車
2010年 09月 22日

Selle An-atomica

ご存知のとおり?わが愛用のサドルは「セラ・アナトミカ」です。

愛用してもう3年ぐらいになります。やはりこのサドル、素晴らしすぎるのかもしれません。

a0098129_19544753.jpg
















私の持っている自転車は、ダホンのOEMである折りたたみの自転車(1万8千円ほど)と
SurlyのPacerの2つなんですが、最近気づいたのですが、どうもお尻の痛みはほとんど
折りたたみのほうで起きているんじゃないかと思うのです。

現在折りたたみは、ボントレガーのめちゃくちゃコンフォートでブサイクなサドルに、
ジェルのサドルカバーをつけていて、これでもか、という状態なんですが、そのわりに
快適というほどでもなく、なんかたまによくわからないところが微妙にだけど痛い。

それにひきかえ、ロードに乗ってるときは全く何もない。確かにロードの場合だと
重心がハンドル側(あるいはペダル)にも分散されるので、おケツにかかる重みは
実はさほどでもない、というのはロードに乗っている人には常識だと思うのですが、
しかし、それにしてもこれだけ痛みが出ないのは「セラ・アナトミカ」が素晴らしすぎる
ためではないのだろうか?

すでに購入して3年ぐらいになるけど、全くへたってないし。

当初は皮を吊る構造であるこのサドルはへたるのも早いだろうと思っていたけど、
正直とうぶんもちそうな気配です。年月というよりは使用時間、走行距離による
のだろうけど。ちなみにこのサドルではたぶん3500キロぐらい走ってると思います。

そんな素晴らしすぎる「セラ・アナトミカ」なんですが、ダイアテック・プロダクツの
カタログから落ちてます。

これは設立者のトム・ミルトン氏が急死されてしまったことと大いに関係があると思います。

こちらに死亡に関する詳細(英文です)がありますが、2010年4月25日にセンチュリーライドで
自転車で走っていて心臓発作を起こし亡くなってしまわれたとのことです。

ブランドが誰かに引き継がれるのか、このままなくなってしまうのか、ちょっと私には
わかりませんが、なくなってしまうという可能性もありえますよね。

このサドルを入手した経緯は、このサドルが欲しいなと思っているときにそのことをこの
ブログに書いたところ、ブログを見ていただいた方が不要なので売ってあげますよ、と手を
上げていただいて、そのおかげできわめて低価格で入手できました。そのような経緯だったので、
本当はブラックが欲しかったのですが、ダークブラウンになったわけです。

それでも十分にありがたいですが、かなり良いサドルなのでもうひとつブラックが欲しいなぁ~、
と思っています。しかし、市場に在庫があまりないようです…。

いやあ、Selle An-atomica なくならないで欲しいな~。

欲しい人で入手できそうな人は今のうちにとりあえず買っておいたほうが良いかもしれませんね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-09-22 19:55 | 自転車
2010年 08月 28日

極東酷暑日記

「暑さ寒さも彼岸まで」のフレーズを裏切るかのような
果てしのない酷暑。続いておりますなぁ。

冬将軍というのはよく聞きますが、今年は夏将軍が登場したかんじですね。
夏将軍。イメージがわかないと思いますが、戦国武将のようなかぶとをかぶって
いるのですが、首から下は海パン一丁で、意外としまらない体つきをしています。

そんな暑すぎる大きなお世話サマーですが、けっこう自転車に乗っています。

基本昼間は避けて夕方・夜に走ってますが、先日昼間に35キロ乗ったらめちゃ
疲れました。晩はプールに入ったあとの気だるい疲労感に近いものを珍しく感じました。
あれはなかなか心地よいものですが、実際に走ったときはかなりつらかったです。

そのとき代官山を経由したんですが、そんな都会の真ん中にこんなひまわり畑が。

a0098129_1330185.jpg




















畑の前はこんな野外カフェ?のようなものが。(奥にひまわり畑があります。)

a0098129_13305198.jpg




















しかし、写真を撮り忘れたのですが、上のカフェの写真にも写っているヘンな工事用
フェンスでひまわり畑が囲われており、見た目がかなりいただけなかったです。
せっかくのひまわり畑が台無しでした・・・。実に惜しい。

a0098129_13303290.jpg
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-28 13:35 | 自転車
2010年 08月 10日

Tokyo Bell

わが愛車のDahon OEM号が我が家に来て、今年の秋で丸5年になります。

相変わらずよく走るし、考えてみれば一度もパンクしていない。
(こう書くとパンクしそうでいやなのだけど)

走行距離はサイコンをつけていないので不明だが、けっこう走っている。

長距離はあまり走らないが、短距離で相当乗っているので、数千キロは
いっているのでないかと思われます。

2万円しない自転車では素晴らしいパフォーマンスではないでしょうか。

そんなけなげなあいつに、このベルをつけてやったぜ。

a0098129_2147534.jpg



















東京ベル(470円)。回すことでチリンチリンと鳴る。

チーン!と打つタイプのものよりも、小さな音で知らせることが
できるので、こちらのタイプのほうが好きです。

実際にはそんなに使う必要もないといえばないが、安全のためには
積極的に自らの存在を知らせておいたほうが良い気がします。

でも、年配の方で己の存在をアピールしすぎて、そこのけそこのけ的に
鳴らしまくっている人がいますが、それはちょっとどうかと思います。

しかしながら、そんな「そこのけ」的走法の場合でも、この東京ベルは
音色がなかなか優しく素敵ですから歩行者が不快に思う程度も減らせます。

また、今のような季節には風鈴のような心地よい響きで道行く人々もしばし
暑さを忘れるでしょう・・・。

たまに嬉しがって用もないのに鳴らしております。(人のいないとこでね。)
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-08-10 21:47 | 自転車
2010年 06月 04日

夜ポタの季節到来!

早起き云々のあとにこういうエントリってのはどうなのかと
思いますが、これからの季節はナイトポタリングの季節では
ないでしょうか。

昼に行くべきところと、夜に行くところ、というのはある程度
パターンが決まっていると思うのですが、普段昼に行くような
ところに夜行ってみたりすると、意外な顔が見れたりするわけ
です。

例えば、吉祥寺の井の頭公園。土日のお昼にはたまに行きますが、
先日夜に行ったら、 なるほどこんな雰囲気なんだな、という感じの
基本若者の憩いの場?的空間でした。

夜の井の頭公園というのは地元の人にとってはだいたいこういう
感じだろう、というのがわかっているのかもしれませんが、
そうでない人にはわからないものです。

そういう裏の顔?的なことを抜きにしても、これからのちょっと
暖かい(が暑すぎない)季節の夜ポタはかなり好きです。

ウロウロすんぞ~。
ただ、梅雨に突入するのが微妙なとこなんですけどもねー。

あと職務質問にも気をつけてちょうだい。
ポリスメーンを発見しだいダッシュで逃走!(怪しい)
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-06-04 22:42 | 自転車
2010年 05月 23日

価値観

かちかん、ってのは人それぞれですなぁ。
育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない、ってやつですね。

自転車を室内に保管するってのは、まあ一般人からするとよく
わかんないことのようです。

広い家に住んでいるならまだわかるが、さして広くないところに
けっこう大きめな自転車が置いてある。

スペースをとるだけならまだしも、一般的に自転車は外を走って
いて汚いもの、つまり室内に置くべきでないもの、ということで、
なおさら不自然な行為ととられているいるようです。

自分からしてみれば、外で自転車が雨に打たれているのは
せっかく乾かした洗濯物が雨に濡れているのとさして変わりが
ないのですけども。

また、一般的に自転車ってのは、徒歩プラス多少の距離を走るもの、
というイメージがあって、例えば10キロとかそれ以上を走るものと
しては捉えられておらず、それぐらいの距離になると、自動車や
電車、バスなどで移動する、というのが一般的な考え方ですよね。

なので「今日は自転車で来た」というと「自転車で?」「ここに?」
「どこから?」というかんじでたいてい驚かれてしまう。説明すると
みな「なるほど」みたいな感じでわりかし納得してくれるが、そういう
フリをしているだけかもしんないね。

ここいらあたりは価値観というより知識というか認識の問題かも
しれませんが、こっちが正しいってわけではなくとも、もう少し
多様なものの考え方が浸透すれば、もっと生きやすくなるのでは
ないでしょうか。

とは言いつつも、自分も固定観念にこり固まった部分はおそろしく
たくさんあるわけで、そこはオープンに吸収して行きたいなと思ったり
している次第です。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-05-23 21:35 | 自転車