自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車( 166 )


2007年 04月 02日

初陣

納車されて、お店から自宅まで10キロあまり。

正直、ポジション、変速の操作などなどかなりの違和感があった。しばらく走っているうちに慣れてはきたものの。日曜日の都心。歩道には人があふれている。車の交通量も多い地域でもあるのだが、当然のごとく車道を走る。自転車の操作に注意がいってしまいつつも、そうは言ってられない。まわりの状況をみなければならない。乗り味は?なんていう余裕があまりなかったのが実際のところだったのです。

あと、手と腕がしんどかった。無駄な力が入ってるのもあるのだろうが、ブラケット部に手をおいた状態でブレーキレバーを急に強い力で引けるのかな、なんて考えながら、そこはちょっとナーバスになってたね。

あと、サドルの高さをお店のあんちゃんに「こんなもんですよ」と言われた高さにしていたのだけれど、オレにはまだちょっと高すぎたようだ。こげるといえばこげるが、ちょっとこぎづらかった。ので下げました。

ハンドル位置は高くて、サドルは低い。 もはやロードレーサーとはいえないw それでも、なんとなく「こんな自転車もあるんかいな」と思えてくるのが、Surly の魅力、懐の深さでないか、そんな気がしている。

アルミの自転車には少し乗せてもらったことがあるだけなので比較は難しいが、やはりクロモリの持つ吸収性のおかげだろうか、スムーズな走りである気がする。そのぶん、やはり加速性能などは劣るのかもしれないけれど。

オレにはこの自転車の乗り味について述べる資格はまだないようだ。

なので、しばらく乗ってみる。答えはそれからだ!
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-02 21:41 | 自転車
2007年 04月 01日

納車

ついに納車。

注文してから1ヵ月と1週間ぐらいかな。

フレームが入ってくるまでに2週間半、これが長かったけど、そこからがまた長かった。
クランクをどうしようか、パーツはアレにしようかこれにしようか、何かテーマカラーを決めて使おうか、などなどと迷っていたのだけど、結局実に無難な着地点になったw 

けれど、同じ着地点であってもいろいろと考えた末の結果なのである。とはいいつつも、パーツについては予算の壁と知識の壁にぶつかって、とにかく組み上げよう、ということになったというのが実際のところ。

自転車の良いところは部分にもよるがたいていのパーツが比較的簡単に交換できること。
なので、ひとまず安いパーツで組んでおいて、のちのちカスタマイズしていくというのは悪い方法でないのですね。

乗ったかんじのインプレだとか、結局パーツをどうしたとか、いろいろと書くことはあるのだけど、それは後日。というか毎日、トピックを先おくりにしている気がするが…。

ひとまず写真のアップだけでも!
(クランク側からの写真でないけど、ひとまず。近々、自然光のもとでの撮影画像をアップするつもりぜよ

ハンドルはロードに慣れていないので高くした。かっこ悪いw やはり、いきなりの前傾姿勢はきついだろうと思ったので、限界まで高く、というかんじ。コラムはいったんカットしてしまえば、延ばすことはできない。これでしばらく乗って、再度カットをする予定。

さて最後に、お店の担当のあんちゃんと、アドバイスをくれた友人H氏にひとまずお礼を言いたい、なんていうとアカデミー賞の授賞式みたいだが、

「これは終わりではない。はじまりなのだ。」

そして、よろしく、Pacer くん。(ブラケット部分をつかんで握手

皆様、盛大な拍手を!
a0098129_19381331.jpg

[PR]

by goofy-ride04 | 2007-04-01 22:20 | 自転車
2007年 03月 31日

準備

いよいよ、明日納車!

購入からオーダーまでの経緯を書いてから納車といきたいが、書き出したのが遅かったため納車に間に合わない。ので、現在のことを先に書くとしよう。

Pacer君をおむかえするにあたって、部屋の模様替えをw

当然室内保管をするので、そのためのスペースを確保しなければならないんだけど、なにしろワンルームに廊下部分がキッチンになったような、準1DK、事実上のワンルームであるため、スペースの確保は至難なのだ。

玄関部分がわりと大きいのでそこにモノを収納しているのだが、当初はそこに何とかスペースをつくって彼の居場所にしようと思ったのだが、実際には難しいということがわかった。
なので、ひとまず部屋に鎮座して頂くことにした。そのための模様替えだったというわけ。
スペースは確保したが、おそらくけっこうな威圧感を発するのだろうな、と今から楽しみ??

すでに準備は整った。あとは明日の天気予報が外れないことを祈るだけだ!

あとはコレでお勉強。
a0098129_22243417.gif

[PR]

by goofy-ride04 | 2007-03-31 22:06 | 自転車
2007年 03月 29日

混迷

フレームから組むということは、例えばレストランに行って、コース料理を頼むのではなく、自ら食べるものをチョイスするのに似ている。もちろん、自分で作る必要はないし、店の人が選択を手伝ってくれる。しかし少し考えればわかるように、客の側にもある程度の知識は必要だ。

私の場合はなにしろはじめてのバイク。全く何も知らない人よりは知識はあったが、それでもすぐに困惑することに…。

たとえばこのパーツがかっこいいんでこれを使いたいんですけど、ということになると「いや、お客さん、このクランクの場合ですね、シマノのホローテックⅡの規格では合わないんですよ。なので、その場合は…あ、それはスクエアなので、そうなるとBBが・・・」といった調子である。BBというのはボトムブラケットのことであり、BBといえばバブルガムブラザーズのことである、というような認識であれば納車などアルゼンチンよりも遠いのである。

自転車という比較的シンプルなものであっても、当たり前だがいくつもの技術の積み重ねで作られている。そして近年になって技術革新もめざましい。そのあたりについては今後書いていくとして、いずれにしてもパーツ選定に際して必ずしもすべての部品が使えるとは限らないため、どうしても技術的な部分の理解、知識というものが必要になってくる。

そういうわけで、オーダーでは多少のやりとりと自分で考える時間(プラス友人に相談する時間)が必要になった。外観をどうするか?ってことも大変に重要な問題なのであるから、パーツ選びもいきおい慎重にならざるを得ない。お店と自転車に詳しい友人と各方面の強力を得て、オーダーは遅々とではあるが進行した。

自転車の場合、組み上げるのにはさして時間はかからない。
ただ、パーツ選定が完了して部品がそろわないことには当然納車もされないわけだ。

結局、2週間ほどの間、パーツ選定についてあれこれと悩むこととなる。

その内容についてはまた後日。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-03-29 22:09 | 自転車
2007年 03月 28日

決断

昨日も書いたように、フレームからの注文という方法で自転車を購入するわけだが、このバイクは自分にとってはじめてのロードで、今持っている自転車は折りたたみの小径車のみ。

はじめてのロード、つまりエントリーバイクは完成車を買うのが常道なわけだが、
とにかく Surly バイクのかっこよさにヤられてフレームからの購入と相成った。

Surly (サーリー)というのはアメリカはミネソタ州ミネアポリスに本拠を置く小さなメーカーなのだが、シングルスピードの自転車(変速なし)をはじめとした個性的な自転車を世に送り出している、知る人ぞ知るというか、規模のわりになかなか存在感のあるメーカーなのである。

Surlyオフィシャルサイト(英語)
http://www.surlybikes.com/

その中の"Pacer"というモデルは、クロモリのフレームを採用した、きわめてオーソドックスなロードバイク。カラーは07シーズンよりシルバーに変更された。そして、それはそれまでのブラックがなくなってしまうということを意味していた。

かねてよりブラックを狙っていた私に残された選択肢は前進あるのみ。しかし、財政的状況が自転車購入にはほど遠い状態であったために私は悩んだ。考えた。祈った。あわてふためいた。相談した。悶絶した。葛藤した。

しかし、無情にも時はすぎゆく。こうしている間にもこの日本列島からブラック・ペーサーが消えつつあるのだ。ついに決心をした私は、家財一切を質屋に入れて、自転車屋に向かったのであった…。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-03-28 22:23 | 自転車
2007年 03月 27日

購入

ロードバイクを買いました。

Surly というアメリカのメーカーの "Pacer" <ペーサー> というモデル。
フレームでの販売のみ、つまり完成車での販売はしていないので、各パーツを選定しての、まあいってみれば「オーダーメイド」での購入。選定作業やらなんやらで結局注文から1ヵ月以上かかったけど、ついに今週末の納車が決まった。

楽しみだなぁ…。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-03-27 22:56 | 自転車