2009年 07月 07日

無駄

無駄というのは悪いことだろうか、とたまに考えます。

ある人が言っていたことだけど、多くの人は
自分が嫌いだということが一番の問題になっている。
そして、自分を好きになる方法がひとつあって、
積極的に無駄なことをやる、のだそうです。

役に立ちそうもないこと、一銭の得にもならないこと、
そういうことをやるのだというのです。

そうすると、そういうバカなこと、意味のないことを
一生懸命やっている自分が好きになる、かわいらしい
存在に思えてくる、というのです。

なるほど!と妙に納得しました。

最近、自転車でもここ数年は小径車だとか、シングル
ギアのものが流れとして一般的になってきていて、
そういうものが流行る背景ってなんだろうな、と
思ったときに、それはある種不便で効率性が低いから、
じゃないのかなと思うわけです。

以前、ある人が「ああいう小さな自転車(小径)って
遅いんだろうね。」と言ったときに、まあ普通のに
比べたら・・・と答えつつ「いや、だからこそみんな乗りたがる
んじゃないかな?」と思ったのがはじまりです。

(つづく)
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-07-07 21:59 | 其の他


<< 無駄無駄!      スラムドッグ・ミリオネア >>