2009年 04月 18日

I dreamed a dream.

イギリスの「Britain's got talent」という番組のことが
日刊スポーツに出ていました。

スーザン・ボイルという47歳の女性が、その才能発掘番組に
出て一躍有名になったという話です。

日刊スポーツの記事

先週の土曜の4月11日にイギリスで放送されてのち1900万ビューという
YouTubeの動画を見てみたら、あまりにも感動して何度も
見てしまいました。20回以上。(どんだけ、暇やねん)

日本語字幕付を有志の人がアップしてくれた
ようなので、ぜひ見て下さい。
(埋め込みはできないみたいです。)

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

最初、さえない風貌の女性がエレイン・ペイジ(イギリスの
ミュージカルのスター)みたいな歌手になりたい、といって
観客(3千人)と審査員にバカにされていたのに、ひとたび
歌いはじめると、観客が総立ちに。

このカタルシスは映画のラストシーンのそれです。

基本的に映画は「落差」だと思います。落差がカタルシスを
呼んで感動します。笑いも「落差」ですよね。思惑をはずして
いくから笑いになる。

歌詞と本人がオーバーラップするところが、また・・・。

先週の土曜放送で、一週間で自分みたいな遠くはなれた
ところにいる人間もその人のことを知るようになる、って
いうのは本当にネットってのはあらためて凄いですよねぇ。
[PR]

by goofy-ride04 | 2009-04-18 14:10 | 其の他


<< 危険水域      多摩サイは、ええかんじ >>