2008年 11月 19日

たじそうろん

元ブランキーの浅井健一氏が雑誌「POPEYE」のインタビューで、麻生首相をなんでみんなやたらと批判するのか!と言っていた。本来なら首相なんだからみんなで盛りたてるもんだろう、と。

まったくそのとおりだと思う。

首相になるかなり以前のことだが、このブログでも麻生太郎は悪人顔で一国の代表としては如何なものか、と書いた。今でもそう思っている。

けど、もう首相になったんだし、こうなったら首相以下団結して、というと大げさだけど、しっかりやってもらえるようにサポートせなあかんでしょう?好き嫌いは別にしてね。

どう考えても国家として難局を迎えてる今日この頃、首相の足をひっぱって何の意味があるのか?

というより、ひたすら批判ばっかりしてるメディアというとひとくくりにしてアレだけど、ちょっとなんか恥ずかしいよな、と思う。

しかも字を読み間違えたとか、ケチくさいこと言うし。もう少しカッコいい連中出てこないのかな?そんなくだらない瑣末なとこ突っ込むようなケチな奴じゃなくて。

正直、自分は彼が間違えたという字をほぼ読めた。だけど、だからといって首相がつとまるかっていうと絶対につとまらない。もちろん教養がないことが一国の首相として立派なことだとは思わない。だけど、そこをいちいちつっこむことはダサいことだと言わざるをえない。

批判してる暇があったら応援しろということだよな。応援しないまでも黙ってろっていうね。

なんだかケツの穴の小さい国になってきたなと、なんだかさびしい気分ですね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2008-11-19 21:24 | 其の他


<< ぼくたちの失敗      荒野へ >>