自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 27日

人志松本の許せない話

「すべらない話」シリーズのスピンオフ?いや、新たなシリーズなのだと思いますが、「許せない話」というのが先日放送されました。

メンバーはは松本人志、千原ジュニア、木村祐一という「すべらない」メンバーに加えて、一度「すべらない」に出たことのある綾部祐二と、たむらけんじ、光浦靖子という陣容でありました。

許せない、とはどういうことか?

オープニングで松本が携帯を取り出し、マナーモードに設定して電源をオフにしてみると、電源が切れるときに「ぴろぴろりーん」みたいな音が・・・。なんやねん?許せないでしょう?ありえへんぞ!みたいなかんじで、番組ははじまりました。

松本の「飲酒運転の謝罪会見」では、あんなものは意味がない、なぜかというと「もうやりません」と言っている本人が酔ってないから。つまり、酔っ払ったときに車に乗る、という過ちを犯しているわけで、酔っ払ってないあなたが「もうやりません」と言ってもなんの説得力もない、と。どうせなら酔っ払って会見したほうがまだ説得力がある、と。

そういう「ああ、なるほど」(微妙にではありますが)的なものがあったり、あるいは思い切り偏ったネタなどが続々と披露されたわけです。ネタがいかに偏ったものであっても、6人の間ではかなりの同意がおおもね得られていたわけなんですが、ついにジュニアのネタで一同から総スカンを喰らうことになりました。

そのネタは、なぜ「燃えないゴミ」が火曜日なのか?ということ。これだけだと意味がさっぱりわかりませんが、つまりは「火」曜日だと。それ以外の日にすればいいのに紛らわしい、という意見でしたが、さすがに一同これには不同意でした。

途中から、しつこいぐらいにネタに乗っかるノリに皆が合わせはじめたのはかなり楽しめました。と言っても見てない人には意味がわからないかもしれませんが、見る機会があったらぜひ見て頂きたいものです。

セットの背景のところに100枚貼ってあるネタからタイトルを見ておもしろそうだなと思うものが披露されたのですが、残りもぜひ見たいなと。というか、最近の「すべらない」よか全然おもしろかったです。次回も希望!
[PR]

by goofy-ride04 | 2008-02-27 22:13 | 其の他


<< テレビネタ、連発。これはまさに...      風ニモ負ケズ >>