2008年 01月 19日

腐った情報の方程式

情報というのはありがたいものではあるのだけど、その材料を料理できないと腐らせてしまうことになってしまう。臭くて臭くて、もうかなわん、となって、ええいこれでいいや!という選択は、おそらくかなり悪いところに落ち着いてしまうのだ。安全策が裏目に出たときの裏目しさ(恨)と言ったら・・・。クラスで一番カワイイ子が好きなのに、いいやオレには無理だ!とかなり下げ目でいった相手にフラれる、みたいなかんじだろうか??

例えば、いくつかの情報がある。

●自転車のコンポーネントはスポーツカテゴリでは最低のSORAで十分である。
●アルテグラになると欧州などではプロチームが使用しているぐらいなので、コスパを考えれば最高である。
●走るなら変速性能が高く、耐久性が高く軽量なデュラエースで決まりだ。
●性能を考えれば少なくともティアグラは欲しい。
●105はすべての意味においてバランスが取れているので一押しだ。10速なので上級コンポパーツとの互換性もある。

こういった、情報があるとする。

情報の判断基準を持たない人がこれらの情報を得ると、一体どれが本当なのだろうか?と悩むことになる。正しい情報と間違った情報があるけれど、正しい情報がすべての人にとって「正しい」とは限らない。

そうなると、どうすれば良いのだろうか??(つづく)
[PR]

by goofy-ride04 | 2008-01-19 23:50 | 自転車


<< そら、くも、ふゆ      買ったら分かるの章 >>