自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 21日

フォーりん・らぶ

BD-1の試乗に行ってきました。ついでにブロンプトンにも乗りました。
都内の、小径車ではわりと有名なお店で試乗させてもらいました。

BD-1はハンドルが多少手前にあるタイプのBD-1Cスタンダードと、モノコックタイプが試乗できました。モノコックのほうはハンドル位置は通常です。

印象としては、どちらもまず硬いと感じましたね。あと、安定感があまりないかなというかんじを持ちました。これは DAHON OEM と比べてもそうですね。モノコックのほうがまだ安定性はあるようです。サスはあまり効かないという話を聞いていましたが、サス付自転車を所有したことのない自分には、それなりに「効いてるな」と思いました。

全体的な印象としては「アレ?」というかんじで、ずっとあこがれていた女の子と喋ったら「アレ?」みたいな、イメージ違うかんじでしたw

あと、ポジション的には、身長が177センチあって手も長い体型なので、モノコックのほうでも、さほど前傾姿勢にはならなかったのですが、ハンドル幅が狭いこともあって、なんとなく堅苦しいというか、そういうかんじでした。長距離を走るには姿勢としてしんどいかなと思いましたね。

ただ、各論はおいておいても、全体としてはピンとこなかったというのが正直なところです。どうしてもロード的性格を持った小径車なので、ロードと比べてしまうというところもあるのかもしれません。そうなるとBD-1には不利になってしまいますよね。なにしろアドバンテージは漕ぎ出しが軽くて、狭いところでもフットワークが良かったりというところだったり、折りたためたりするところなのですから。

それで、そのあとブロンプトン(M3L)に乗ってみたんですが、これが実に不思議な乗り心地。まず乗車姿勢なんですが、これがママチャリに近いといえばそうなんですが、それでは片付けられない独特の姿勢になり、半分立っているようなかんじでなんです。それでいて実に自然な姿勢になって、凄く楽でしたね。こぐと自然に進みますし、乗り心地も気持ちよい。

3段変速で10万を超える価格に思わず納得しました。何かが違う・・・。優れた折りたたみ機構だけではない何かがあるのだと納得しました。

ブロンプトンに惚れましたw すぐには買いません(買えません)けど。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-10-21 21:26 | 自転車


<< To be or not to...      BD-1 >>