自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 28日

わが生涯に一片の悔いなし

電車に乗ってましたら、隣の人の新聞に「川渕会長(日本サッカー協会)が権力の座にしがみついている理由はオンナだ」と言う見出しの記事がありました。

川渕会長は70歳もすぎてるぞ・・・いや、70過ぎても・・・まあ、それはいいや、というか記事はどうでもいいのですけど、えーと70歳といえば寿命、そして寿命といえば自転車の寿命なんですが、そいつはいったいどれぐらいでしょう?

クロモリだと2万キロがひとつの目安という話も聞きます。それぐらいになると、走るけども折れるわけでないけども、フレームが力を伝える性能というか強さに問題が出てくるみたいです。

今の走行距離のかんじでいくと、おそらく年間1000キロほどかなと思うので、そうなると20年。18万で買ったので1年あたり1万円弱。その計算の意味はわからないけど、20年ですか。まあそれぐらい乗れば納得かな。本当はJリーグじゃないけど、100年構想といきたいんですが、100年といったらアンタ、ライト兄弟が空を飛んだのが1903年ですからね。まだ104年しかたってないわけですから、それは長すぎますよ、ってなんの話でしたっけ?そう、自転車の寿命は20年という話でした。アルミはどうなのだろうか?カーボンはかなり短いという話は聞きますけどね。

自分としては正直50年ぐらいもって、じじいになったときに、これはあそこに行ったときについた傷だなぁ、ぐらいのかんじがいいんですけどね。現役を引退させてたまに走るように残しておきゃあいいんですが、まあ20年もたてばとっとと新しいのに興味が移ってる気がしなくもないし、場合によってはリカンベントに乗ってる可能性がないわけでもない??

つうか50年たったら生きてるかが微妙。

まあ死ぬときにはこの台詞を吐きましょう・・・

「わが生涯にッ・・・ゴホゴホ・・・ゲホッ・・・ガク・・・」
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-08-28 23:09 | 自転車


<< 自転車シーズン、突入宣言!      おにいちゃん! >>