自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 05日

なぜだか

クロスバイクには、なぜか心ひかれるものがない。

コレといった気に入った自転車がないんですよね。
どうしてそう思うのか考えたのですが、やはり中途半端ということなのかもしれまへんな。

もちろん、中途半端であることが狙いであって存在意義なんですが、その中途半端さが何というかかっこよさというものにつながらない最大の理由な気がしますね。

「中途半端」の反対は「潔さ」ということになるのかな?

ピストバイクの魅力はまさにいさぎよい、というところじゃないでしょうか。
ハンドルにはブレーキがなく、チェーンはディレイラーを経由することなくスプロケットに絡みついている。実にシンプルで美しい。

マウンテンバイクがかっこいいのも、その機能美が理由だと思います。兵器や拳銃などがある種の美しさを持っているのも、その機能に特化した潔さのためかもしれません。マウンテンバイクは荒地を走るという目的がはっきりしてるし、ピストは割りきっとる。

しかしながら、ここでひとつ問題が発生しました。実際に乗る自分自身にまったく潔さがない、ということなんです。そのことについては私は前から気づいていたけれども、またもやそれを再確認してしまうハメに陥るのでありました。

というのも、かなりバーチャルな話なんですが、今欲しいバイクといえば、コレ!

Surly のカラテモンキーです!

どうですか、このネーミング。日本人がつける名前じゃあないよな。アメリカンがつけたモンです。空手猿ですね。

これはマウンテンバイクなんですが、まず良いのがこのカラー!

ブルー。

限りなく透明に近いブルーでもなければ、ジャパンブルーでもアズーリ(イタリア代表)ブルーでもないですが、良いブルーですね。

マウンテンバイクのフレームですねん。Surly でマウンテンバイクのフレームときたら、1×1(ワン・バイ・ワン)でしょ?というそこのアンタ!1×1はシングルオンリーでしょうが!カラテはディレイラー(変速機)もつけられるんよ!

でもひとまずはシングルにします。そして変速機が必要になったら・・・。
そうなんです!潔さのカケラもない!
シングルが良いと言っておきながら、変速をつけれるような余地を残しておくようにする!

でもそれがカラテモンキーくんの良いとこなんです!(開きなおり
a0098129_2105561.jpg

京都の賀茂川です。今年のお正月に撮りました。
京都は美しいですねぇ。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-08-05 21:07 | 自転車


<< わがマンションはきぃーと鳴る。      ジョジョの奇妙なトーク >>