2007年 07月 12日

自転車はサドルにはじまりサドルに終わる

と誰かが言ったのかは知りませんが、

先日の記事で、自転車のサドルが人体に与える影響について述べましたが、これがめでたくとある学会にて論文として採用されることにはなっていませんが、そのことについて今しばらく述べたいと思います。

うっすいサドルに乗る気はもうさらさらないのですが、それはもとからないですけど、やはりリーガルには乗りたいなと。

なぜかというと似合うからですね。似合うのは Pacer に似合うのとシブいオレに似合うということです(笑 あと、せっかく買ったというのも勿論あります。

なので今は乗り方を研究してます。

骨盤を立てるようにして乗るという基本の乗り方ですね。これで腰を立てることによってサドルとおしりが接する面をなるべくおしりの部分のみにしてそれより前の部分には圧力を極力かけないようにする、という乗り方をしています。そもそも、これがロードバイクの正しい乗り方のはずです。骨盤を立てた結果として、背中をらくだのこぶみたく少し曲げるみたいなかたちになります。なんだか、この格好は窮屈な気がしてあまりきちんとやっていないときがあったりしたのですが今後はきちんとやることにしました。正しい乗り方だけあって、骨盤を立てることによって踏み込みやすくなり、脚の力をよりダイレクトにペダルに伝えることができるようになります。

しばらくこの乗り方で乗ってみようと思います。

と言いつつ快適なサドルを購入する可能性はかな~りありますが・・・。
 
a0098129_223634.jpg

写真は冬の石神井公園です。イメージ映像につき本文とは一切関係がありません。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-07-12 22:45 | 自転車


<< 輪行へのいざない      ロードバイク礼賛日記 >>