自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 10日

経年変化

たいていのモノは、古くなるとだんだん価値がなくなってくる。

でも、そうでないものもある。いわゆる「味」が出てくるモノ。

そういったモノが好きなので、だからクロモリの自転車を買ったというのもある。もちろん第一の理由はクロモリのフレームのかっこ良さなんだけど。

財布もコードバンという馬のおしりの皮でできたものを使っている。買って4年ほどたつけど、じょじょに良いかんじになってきている。そういうモノの場合は安物だと基本的にエイジングはできない。上質なモノだからこそ、経年変化に耐えて「味」が出てくるまで質を保ってくれる。
a0098129_2335107.jpg

以前にも紹介したように、折りたたみの自転車を持っている。DAHON OEM なんだけど、たしかに悪い自転車じゃない。良い自転車だ。コストパフォーマンスが非常に高い。でもやはり値段だけのことはある。保管状態がすこぶる良いというわけではないが、悪いとはいえない。それでも、やはり錆などがすぐに出てくる。あと5年たって味が出てくるかというと、出てくるのは錆ばかり、ということになるだろう。

同じように、高い自転車ってのは、やはりそれだけのことはあると思う。もちろん、ただ高いだけのものもあるだろうから、そのあたりは一概に言えないけれど。

ただカタログの値だけを見て、これにはこんなコンポがついて、こういう装備で・・・だけでは見えないものもたくさんあるんだろうな、と思う。

そういうのはやはり実物を見ないとわからないし、見てもわかりづらいかもしれない。ある種の審美眼がないと。ただそういうものはすぐに身につくものではないし、難しいもんだね。

ひとまず Pacer が良い味を出してくれるようにメンテナンスして乗っていきたいし、さらにはそういう審美眼も身につけば良いなあと思う。
[PR]

by goofy-ride04 | 2007-05-10 23:38 | 自転車


<< タイトル変更(確定?)      A month later >>