自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 04日

真の同盟国とトイレットペーパー

今回の震災で、いわゆる非常事態というか、これまでにない平時ではない
状態になったことで、はっきりしたことというのもけっこうあります。

支援はしてくれるけど領空侵犯なども含めて駆け引きの気配が濃厚なロシア。
中国の動きは支援でもなく、この出来事をどう利用するか、そこから何を学ぶか、
というところに力点がおかれすぎてる、などという状況の中、アメリカは実に淡々と
出来ることをやってくれている、という印象です。

もちろん背景には善意だけではなく計算もあるだろうけど、でも実際の行動が
非常に大切なんだってことは誰だってわかる。

まあ、まるで詳しくないんであくまでざっとした印象ですけど、
こういうときに真の同盟国に足る存在とは、ということがわかりますよね。

そうでなくとも、中国やロシアと盟友になろうという発想はどのみちわが国には
なかったと思うけど(笑)

自分が窮地におちいった時に本当の友人が誰かがわかる、というがまさにその
通りです。

便利な生活が失われてはじめてありがたみもわかるし、平時には見えていなかった
ことがわかります。例えば電気。これに頼り切った生活をしていたんだなぁ、と
そんなことはわかってはいたけど、十分に認識していたとは言いがたいわけで、
いきなり電気なくなったら、もう何もできない。実際、僕のとこは停電していない
けど、夏とかになったらどうなるかわからないしね。

普段けっこうかっこいいこと言ってる人が目の色変えて買いだめに走るとか、
実にありえそうだ。

まあ、自戒をこめて、というところももちろんありますが。

しかし、ようやくトイレットペーパーが入手できるようになって良かった。

起きるかどうかもわからない地震のために買占めする人間のせいで、僕が明日
おしりを拭けない。こんなバカなことがあって良いのか!

とりあえず、おしりが拭けそうで、安心致しました。

そんなこんなな状況でも、当たり前だけど春がやってきつつあったり。

a0098129_1945317.jpg



















ケツがふけようがふけまいが、春はやって来るんですね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2011-04-04 19:45 | 其の他


<< 飲んだり食ったりしようではない...      The day after >>