自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 09日

Please Mr.Postman

この歌は凄い良いと思うんですよねー。



どう説明すれば良いのかわからないんですけど、とにかく純粋に良い曲というか、
程よくテンションが高く、それでいてなんか切なさみたいなものもあるというか。
正直、たまに泣ける。

ジョンの声が本当に悪魔的な魅力があります。ちょっとこの世のものとも思えないような感じ。

あと、映画「バックビート」のサントラのために結成されたバックビート・バンドのコレも実は
けっこう好きだったりします。



映画のほうも好きなので、そちらの中でのこの曲のパフォーマンスはこちらです。
ただし、音はあまり良くないです。



ちなみにオリジナルのマーベリッツがこちら。



なんか良い意味でテンションが上がるこの曲ですが、最後はカーペンターズのカバーです。



このようにいろいろカバーされている曲ですが、なんか心が洗われるというか、
不思議なチカラを持った曲だと思います。

そして、これほどまでにコーラスが重要で効果を発揮している曲もなかなか少ないのでは。

しょっちゅう聴いてるんですが、なんかたまにツボにはまって感動するときがあります。

1940年10月9日にジョンレノンが生まれ、生誕70周年だそうです。
Googleのスタートページもそれになってますよね。

天才は不滅ですね。生誕200年も祝われることでしょう。それまでに世界が存在するのならば。

ジョンレノンが「イマジン」で訴えたことがもし守られないなら、世界がないということもあるのかも
しれませんね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-10-09 20:36 | 音楽


<< グリーンだよ!      CCPシュミッツ、おまたに穴があく >>