自転車ブギ

goofyride.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 22日

Selle An-atomica

ご存知のとおり?わが愛用のサドルは「セラ・アナトミカ」です。

愛用してもう3年ぐらいになります。やはりこのサドル、素晴らしすぎるのかもしれません。

a0098129_19544753.jpg
















私の持っている自転車は、ダホンのOEMである折りたたみの自転車(1万8千円ほど)と
SurlyのPacerの2つなんですが、最近気づいたのですが、どうもお尻の痛みはほとんど
折りたたみのほうで起きているんじゃないかと思うのです。

現在折りたたみは、ボントレガーのめちゃくちゃコンフォートでブサイクなサドルに、
ジェルのサドルカバーをつけていて、これでもか、という状態なんですが、そのわりに
快適というほどでもなく、なんかたまによくわからないところが微妙にだけど痛い。

それにひきかえ、ロードに乗ってるときは全く何もない。確かにロードの場合だと
重心がハンドル側(あるいはペダル)にも分散されるので、おケツにかかる重みは
実はさほどでもない、というのはロードに乗っている人には常識だと思うのですが、
しかし、それにしてもこれだけ痛みが出ないのは「セラ・アナトミカ」が素晴らしすぎる
ためではないのだろうか?

すでに購入して3年ぐらいになるけど、全くへたってないし。

当初は皮を吊る構造であるこのサドルはへたるのも早いだろうと思っていたけど、
正直とうぶんもちそうな気配です。年月というよりは使用時間、走行距離による
のだろうけど。ちなみにこのサドルではたぶん3500キロぐらい走ってると思います。

そんな素晴らしすぎる「セラ・アナトミカ」なんですが、ダイアテック・プロダクツの
カタログから落ちてます。

これは設立者のトム・ミルトン氏が急死されてしまったことと大いに関係があると思います。

こちらに死亡に関する詳細(英文です)がありますが、2010年4月25日にセンチュリーライドで
自転車で走っていて心臓発作を起こし亡くなってしまわれたとのことです。

ブランドが誰かに引き継がれるのか、このままなくなってしまうのか、ちょっと私には
わかりませんが、なくなってしまうという可能性もありえますよね。

このサドルを入手した経緯は、このサドルが欲しいなと思っているときにそのことをこの
ブログに書いたところ、ブログを見ていただいた方が不要なので売ってあげますよ、と手を
上げていただいて、そのおかげできわめて低価格で入手できました。そのような経緯だったので、
本当はブラックが欲しかったのですが、ダークブラウンになったわけです。

それでも十分にありがたいですが、かなり良いサドルなのでもうひとつブラックが欲しいなぁ~、
と思っています。しかし、市場に在庫があまりないようです…。

いやあ、Selle An-atomica なくならないで欲しいな~。

欲しい人で入手できそうな人は今のうちにとりあえず買っておいたほうが良いかもしれませんね。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-09-22 19:55 | 自転車


<< レッドレッドレッド      坂の上まで駆け上るで~ >>