2010年 07月 03日

春日の家

わが家の近所にオードリー春日の家があります。

ご存知の、いわゆる古めで、見たかんじ家賃がお安めのアパートです。
「いまだに」住み続けている、おそらく現在の彼の経済状態には合って
いない住まいです。

大家さんに契約更新の更新料を持っていったら「まだ住むの?」と
言われ「引っ越す理由がありませんよ」と返したそうです。

近所といったって歩いて10分、自転車で5分ぐらいはかかるところなんですが、
わりかしそばを自転車で通りかかります。

今まで部屋の灯りがついているのを見たことはないのですが、先日通りかかった
際には、部屋の灯りがついており「お、在宅かな」と思ったら、付近にとめた
車の中から撮影隊が現れて中に入っていきました。部屋で撮影みたいでした。

様子を見たかったのですが、部屋の中ですし、早々にその場をあとにしました。

すぐ近くに銭湯があり、5分のコインシャワーで頭を洗いきるために、自宅で
頭にシャンプーを泡立て、その状態で銭湯(シャワールーム)まで歩く、なんて
ことをやっていたらしいのですが、それで近所の小学生の間で有名になった、と
言っていました。

銭湯もすぐ近く、小学校もすぐ近く、というある意味ベスト?の環境ですね。
小学生たちには彼の家がモロバレしていると思うので、おそらく学校側で
「彼の家には近づかないように」というお達しが出たんじゃないでしょうか。
そうでもしないと小学生の無邪気な暴走はとめられそうもない。

しかし、彼も良いですが若林君もけっこう好きです。

オードリーには活躍してほしいですが、当分はあのアパートに住み続けてもらい
たいものです。
[PR]

by goofy-ride04 | 2010-07-03 13:05 | 其の他


<< パウル君の苦悩      旅の終わりとはじまり >>